宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う /顎木あくみ



宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年5月刊。
『わたしの幸せな結婚』の顎木あくみさんの新作中華後宮ファンタジー。

後宮で起こる怪異現象を解決するため、平民のまじない師の少女が「偽りの妃」として悪戦苦闘する物語です。
劣等感を抱えた主人公と、自信満々な皇帝陛下の掛け合いが良かった。
正反対に見えて通じ合う部分を持つカップルは好きです。

この大変な時期に発売されたにも関わらず、速攻で重版を決めたようだし、これはシリーズ化するんじゃないか?
身分差のある二人の関係の行方が気になるので続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
白髪と赤い瞳の外見から鬼子と蔑まれてきた、まじない師・珠華。 皇帝陛下からの依頼を受け、偽りの妃として後宮へ――。 彼自身にかけられた呪いと、宮廷で起きた怪異事件の謎を解くために、愛憎渦巻く闇へと足を踏み入れる……!

以下、ネタバレありの感想です。

 

白髪赤瞳の容姿をもつ少女・珠華は、市井のまじない師・燕雲の弟子として彼女の店を手伝っていた。
そこに現れた皇帝・白焔から、「女性に触れるとじんましんが出る呪い」について聞かされた珠華は、後宮に起こる怪異現象と白焔の呪いの両方を解決するため、期間限定の偽妃として後宮に乗り込むのだが―― というお話。

 

霊力を駆使して様々な術を扱う『まじない師』の異能設定が面白かったです。
超常現象どころか、人の悪意を察知できるから仕込まれた毒にすら気付けるっていうの普通に強い・・・・・・
後宮という場所においてはかなりのチートでは?毒味すらいらないのだし。

 

とはいえ、珠華本人はあまりメンタルが強い子ではないので(どちらかというと劣等感こじらせ少女だった。好き)、正面からぶつけられた悪意にはとことん弱いんですよね。便利な能力とネガティブメンタルで、珠華が強くなりすぎないようバランスをとっていた感じ。

 

突然現れた「皇帝お気に入りの平民」として後宮内で悪意の的となり、皇帝からの依頼について話せないから黙り込み、素直すぎるほど他人の悪意を受け止める珠華。

珠華が他人の悪意を過剰なほど正面から受け止めるのは、己の容姿に対する誹謗中傷へのトラウマがあるから。
そんな彼女を救うのが、ヒーローである白焔なのです。
ネガティブな珠華とポジティブな白焔の組み合わせは良かったな〜。
自分を全肯定する白焔が、珠華のことも丁寧に肯定していくシーンが好きです。

「冗談だ。――珠華、そなたは化け物などではない」
(中略)
「髪は雪をまぶしたように輝いて美しいし」
「老人みたい、の間違いよ」
「赤い瞳は、丁寧に磨かれた紅玉にも引けを取らない」
「・・・・・・水晶の指環を、あんなにぞんざいに扱った人がよく言うわ」
「そういう辛辣なところは、話していて楽しい」
「変態かしら」
「俺の美的感覚を信じろ。化け物などと言う者の目がおかしいのだ」

メンタルよわよわで日陰にこもりがちな子を全肯定して、ぐいぐいと日向に引っ張っていくような組み合わせ、とても好きです。心がぽかぽかする。

 

この白焔自身も、能天気な自信家というわけではなく、足元が盤石ではない呪い持ちの皇帝という自分の立場を理解しつつ、強く在ろうとするのがまた良かった。
自分と珠華の関係を「傷の舐めあい」といいつつ、心地よさを感じているところもエモくて○。
生まれも性格も真反対なんだけど、人の目にさらされながら(その重さを背負いながら)生きてる二人なんだなぁと。

 

そんな感じで、珠華と白焔の関係はとても良かったと思います。
後宮の怪異騒動の顛末も悪くなかった。
ただ、なんだろう?伏線なのかな?
いまいちはっきりしないところがチラホラと。
指環の正体あたりの説明も曖昧でしたし、そもそも幼馴染・子軌の存在が何だか怪しい・・・・・・

 

これはきっとシリーズ化前提なのでしょう。
身分差を抱えたまま、とりあえず依頼継続となった珠華と白焔の関係も気になります。今後の動向に注目したい新作でした。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。