今の状況で、推し本を応援するために読者ができることを考えてみる。


私は毎月数点の新作ラノベを読む。
新作のなかで無事に続刊をだせるものは少ないし、5巻6巻を超える長いシリーズに育つものは更に少ない。というか、3巻すら出ない本の方が多い。

それでも、何冊もかけて長い長い物語を読ませてくれるラノベが好きだから、気になる新作はできるだけ買うようにしている。

 

ただ、長引く出版不況のなかで、打ち切り判断が厳しくなるのも仕方ないことだと、好きな作品の続きを諦めてきたことは何度もある。
諦めることを繰り返すうちに、面白い新作に出会っても「続きがほしいな」と思いつつ「・・・でも無理かもな」と心の隅で覚悟する癖もついてしまった。
あまり期待しすぎると自分が辛くなるからね。

 

それでもラノベが好きだから、私が好きなファンタジーがたくさんあるジャンルだから、これからも読み続けるし、できるかぎり新作に手をだしていくと思う。
この本が面白かった!と発信することだけはやめたくない。

 

そうは言っても、今の状況は本当につらい。

 

コロナ禍のことだ。
コロナほんと何なんだよ。勘弁してほしいよ。

 

外出自粛で、ネット書店は繁盛しているという噂をきく。
開いている書店がレジャーランドのように盛況だという話もきく。
巣ごもり需要で、本を読む人が増えているのだろうか。

 

その一方で、今発売される新作はとても厳しい状況にあるともきく。
田舎住みの私には縁がないけれど、大型書店が休業していれば、ふらっと本を買う人が減るだろうし、固定読者をもたない新作の苦しさは容易に想像できる。

 

Twitterでは日々、色んなタグを使って本の宣伝が飛び交っている。
作家さんの宣伝ツイートはいつも以上に必死で、懸命だ。
「#2020年4月刊応援」「#2020年5月刊応援」で検索してみてほしい。

 

いち読者の素直な気持ちとしては、こんな状況で発売される新作に手を出すのは、正直怖い。
でもこの状況で新作を発表する作者さんはもっと怖いんだと思う。
それに比べれば、1冊2冊3冊くらいひょいと買って応援するなんて簡単なことだろう。
読むのはいつでも良い。でも買うなら今しかない。

 

ところで、私がどうしても応援したい作家さんの新作が、今月発売された。

読んだよ。作家買いだよ。当然だ。すぐに読みきった。
そして、これがもう本当に面白かった。
日本神話を彷彿とさせる和風ファンタジーで、巫女のような医者の話で、人外×少女の主従で、エキセントリックな世界観が最高に面白かった。
続きが読みたい。できるだけ長く読みたいと強く感じてしまった。

 

さて、この場合、私はどうしたらいいんだろうか。
この作家さん、Twitterアカウントを持っていない。宣伝がブログだけなので、なかなか外に届かない。
出版社公式も頑張ってるけれど、今の状況では足りてない気がする。
ううむ、本当にどうしたらいいんだろう。

 

とりあえず自分の気持ちをブログ読者の方に伝えようと感想記事は書いた。
もうひと押ししようと、5月刊なのに先月のオススメ記事にもねじ込んだ。


 

それと、布教活動をせねばと思い、Twitterのフォロワーさん数名にBOOK☆WALERのギフトコードを贈らせていただいた。
BOOK☆WALKERのギフト機能は、自分が購入したコードをDMなどで相手に伝え、任意の電子書籍を贈るというシステム。
面倒な情報のやり取りもなく、非常に気軽に押し売り布教ができる。
お金は私が払うから、とりあえず読んでみてくれ」ができる。
作家さんに課金した気分になれるし、楽しくておすすめ。

 

Twitterでもたくさん呟いてみた。
上の応援タグも使用させていただいた。
ここ数日はずっとTLで騒いでしまい、フォロワーさんたちに少し申し訳なかった。

 

応援方法として伝統的かつ効果的だと聞くファンレターも書く予定。
作家さん本人に送るよりも出版社に届けたほうが良いと聞いたので、そうしようと思う。下書きは用意した。
ところで電子書籍には手紙の宛先が載ってないんだけど・・・?
ビーンズ文庫さん、非公開な感想フォームってないんでしょうか・・・?
宛先を知りたいし、応援を兼ねて紙書籍を注文した。いつ届くかな。それが届いたら手紙を出そうと思う。

 

Twitterでフォローしている作家さん達が、出版社公式サイトの応援メッセージ欄や、Amazonのレビュー欄も販促に効果があるよ!と教えてくれたので、そちらもやろうと思う。
上でツイートを引用した作家さんもレビューを書いてとお願いされていたし、やはり人目につく場所で応援することは必要なのだろう。
なんかこんな風に宣言してから書くのは微妙かな。でもレビューって書いたほうがいいんだよね・・・?
自分のブログに引きこもって感想を書いてる人間としては、どちらもアウェー感が半端なくて気が引けるけど、勇気をだしたい。
今ちょっと文面を考えている。作法がわかんないよう・・・・・・とりあえずKindle版を買った。これでAmazonには書いてもいいはず。

 

読書メーターへの投稿も実売への影響に効果的だと聞いた。
一度アカウントを消してしまったので、こちらは少し躊躇っている。もう一度作る・・・?

 

さっきから自分の妙な意地と作品への愛情を天秤にかけてる気分がしてならない。私は何と戦っているのだろう。

 

でも推したい。
こんな状況だからこそ、後悔のないように好きな本を力いっぱい推したい。
だって本当に本当に面白かった。『かくりよ神獣紀』とても面白かった。
売れてほしい。売れないと続かないから。

本当に、私にできることを探したい。全力で応援したい。
他に何をすればいいんだろうか。

 


かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 (角川ビーンズ文庫)

 

スポンサーリンク
 
5

「今の状況で、推し本を応援するために読者ができることを考えてみる。」への14件のフィードバック

  1. オリコンを眺めている感じだと、劣等生の新刊が前巻の8万から、新刊が2週で6万4000に落ち込んでいたりしていて、根強いファンがついているであろう大ヒット作品でもこの右肩具合なら新作は酷いってレベルじゃない酷さだと思います

    とりあえず効果的な応援方法といえば紙の書籍を買うことですかね……?最大手の角川さんはわかりませんが、電子の売上をあまり重視していない出版社さんも多いですし
    これを機に見直してくれるといいんですけどね
    今回の件で紙から電子で買うようになった人も少なくないでしょうし

    読書メーターはみかこさんの場合やめた理由が理由なので無理して戻る必要はないと思いますが、推すのにいい場所ではあると思います

    作品を推すのも大切ですが無理しすぎて追い込まれても作者さんにとっては悲しいと思うので、お互い適度に頑張りましょう!

    俺も好きな作品が出たらTwitterとかで紹介したり頑張ってみます!
    最近TLで普段読まない層に無職転生が流行ったりしてますしこれを機にいろいろ面白いのをすすめていきたいですね……( ˘ω˘ )
    普段のプレゼンツイートにどれだけの効果があるのかはわかりませんが……(上手く紹介できているか不安ですね……)

    1. スズナリンゴさん、コメントありがとうございます。

      >根強いファンがついているであろう大ヒット作品でもこの右肩具合なら新作は酷いってレベルじゃない酷さだと思います

      ううう・・・!ですよね・・・!?
      かつてない厳しい戦いに放り込まれた作家さんたちの胸中を想像して憂鬱になってしまいます。
      せめて、楽しんだ読者がここにいるよ!と声をあげていきたいです。

      やはり紙書籍が良いんでしょうね。
      とりあえず、電子版でも紙書籍でも買ったのですが、紙の方が良いんだろうな・・・という気持ちはあります。
      角川はかなり電子書籍に力を入れているはずなので、どうにか、加味してほしい・・・・・・

      読書メーターは、まだちょっと戻ろうと思えなくて、迷っています。
      再登録しても「かくりよ神獣紀」のレビュー投稿しておしまいになりそうだし、それはそれでどうなのかなぁと思ったりもして。
      Amazonレビューに投稿するのも同じ葛藤がありましたが、こちらはKindleを購入すればとりあえず権利は獲得できるかな、と思って(笑)

      推しの苦境を想像して、勝手に必死になってしまいましたが、もはや個人でできる応援方法が思いつかない。あとは運命に任せるしかないのか・・・・・・

      スズナさんの推し紹介も楽しみにしてますー!
      以前お薦めいただいた『転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す』もとっても面白かったですし!
      無職転生、まだ読んだことがないんですよね。結構な分量があるので、怖気づいてしまい・・・・・・
      プレゼン、楽しみにしてますね(^o^)

      1. >スズナさんの推し紹介も楽しみにしてますー!
        みかこさんにそう言っていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!頑張ります!
        今はWeb小説のプレゼン作ってますので気になるのがあるといいなあ……

        >無職転生、まだ読んだことがないんですよね。結構な分量があるので、怖気づいてしまい・・・・・・
        無職転生、面白いんですけどみかこさんに合うかというとわからないですね……
        とりあえず19話まで読めば判断はつくと思いますのでお時間あれば
        合いさえすれば面白いとは思いますよ!
        ただ導入で振り落とされやすいのでそこ身構えて読んだ方がいいかもですね(なんで恐怖を植え付けようとするんだ)

        1. WEB小説、本当に広大すぎて、先駆者のオススメだけが指針なんですよ・・・!
          よろしくお願いします〜(*^^*)
          あ、以前おすすめされた『ティアムーン帝国物語』は積んでるので、できるだけ早めに読みますね!

          >無職転生、面白いんですけどみかこさんに合うかというとわからないですね……

          一夫多妻制というワードを受信しました・・・・・・Oh・・・
          いや、ハーレムも反射的に身構えてしまうだけで『異世界迷宮の最深部を目指そう』みたいにガッツリハマるやつもあるんですよね。クワズギライヨクナイ。
          こういう場合は小説よりもささっと読めるコミカライズが良いのかも??たしか綺麗な絵柄のコミカライズがありましたよね。
          ちょっと試してみます〜!

          1. おー、コミカライズは5月9日までKindle版1巻~9巻がセールで50%offになっているらしいのでオススメですよ!
            Web版も面白いですけどねー

          2. 情報ありがとうございました!
            今見たらBOOK☆WALKERでもセールしてたので買ってみます!

            ハーレムもの、なぜか漫画だと平気になるというヘンな習性があるので、大丈夫かどうか確認してから小説にいきますね・・・笑

    1. コメントありがとうございます。

      正直その気持ちはめちゃめちゃ分かる!

      ラノベを読む人ほど続きが出ないことへのストレスを抱えているだろうし、私も同じことを何度も考えました。

      でも今この時に声をあげたら何か変わるかもしれないし、自分が買った1冊が好きな作品の延命に繋がるかもしれないじゃないですか。

      厳しい状況だからこそ好きな作品のことを諦めたくないし、後悔しないように、できる範囲で頑張りたいんです。

  2. みかこさん、初めまして。
     私は高校生くらいのときからみかこさんのこちらのサイトにお邪魔させていただいていて、毎回ひっそりと楽しみに読ませていただいておりました。みかこさんの感想の熱量と考察が本当に好きで、特に私も大好きな「知らない映画のサントラを聴く」の感想を拝読したとき、目から鱗がとまりませんでした。「おにぎりスタッバー」の感想も好きです。「私が大好きな小説家を殺すまで」は、ひりひりしすぎて私の好みストライクとはいかなかったのですが、みかこさんの感想を読んで撃ち抜かれるところもありました。
     大学生である今、自分で自由に使えるお金が増えて、みかこさんのおかげで(?)予想外の出費がすごいです……(笑)買う予定になかった本を買っています。だってみかこさんが私の好きそうな本をおもしろそうにレビューなさるから……!みかこさんの好みに私の好みが似ていて、特に星で高評価をつけていらっしゃると即買ってしまいます。感想を読ませていただいてから買うこともあります。みかこさんの感想のお力で、私のラノベや少女小説における読書ライフは潤っている部分が本当に多いのです。私がきっと取り零してしまっていた、ひとりでは出会えなかった「おもしろい」や「好き」に出会えるのです。みかこさんの感想を読むとおもしろそう!!読みたい!!となります。私は読むのが遅いので、毎月の読書量にも驚いています。月ごとにおすすめをまとめてくださるのもありがたいですし、星の評価もわかりやすくて助かっています。
     拙い言葉で申し訳ないのですが、ここにもひとり、みかこさんの本を推したいというお気持ちが届いている人間がいます!と、お伝えしたかったのです。いつかお伝えできたらなと思っていました。毎日本当にお世話になっております。ありがとうございます。これからも応援しています!
     夜遅くに、長々と突然すみませんでした。何が言いたいかというと、「かくりよ神獣紀」、買います。

    1. ひつじさん、コメントありがとうございます。

      >私は高校生くらいのときからみかこさんのこちらのサイトにお邪魔させていただいていて、

      そんなに長く、ブログを読んでいただけたなんて、とてもとても感動しております・・・!
      『知らない映画のサントラを聴く』も『おにぎりスタッバー』も大好きで、わーと夢中で感想を書いた記憶があります。楽しんでいただけて本当に嬉しいです。
      『私が大好きな小説家を殺すまで』のヒリヒリ感もすごいですよね・・・・・・あれも大好きなのですが、絶賛しつつ自分も読み返せそうにない作品なので、お気持ちわかります(笑)

      >大学生である今、自分で自由に使えるお金が増えて、みかこさんのおかげで(?)予想外の出費がすごいです……(笑)

      やったー!私も毎月毎月、本代で財布のお金が溶けていくので、仲間が増えて嬉しいです!(笑)
      星評価は他のブログやレビューサイトを参考に、自分の推し度が伝わりやすいようにと続けているものなので、参考にしていただけているなら、(自分が本のランク付けなんておこがましいよな・・・と思いつつ)毎回付けてきた甲斐があります。
      好みが似ているって言われるのが、ものすごく嬉しいです。私が好きなものを好きな人がいた!って、幸せすぎて浮かれちゃいます。

      >私がきっと取り零してしまっていた、ひとりでは出会えなかった「おもしろい」や「好き」に出会えるのです。

      わかります!とても・・・!
      私も、他のラノベブログやTwitterや、このブログのコメント欄なので、たくさんの面白い本を教えてもらっています。
      自分だけでは知ることもなかった面白い本って世の中にごろごろ転がっていますよね。
      私も誰かに私の好きな本を伝えたい、という気持ちが強いので、お役に立てて嬉しいです。
      読書量、最近は落ち気味なんですが、ひつじさんのコメントのおかげでやる気がチャージされました!
      こちらこそ、本当にありがとうございます!

      >何が言いたいかというと、「かくりよ神獣紀」、買います。

      ありがとうございます!!!よろしくお願いします!!!!!泣

      1. こんにちは。
        返信遅くなってしまってすみません!
        まさかこんなに丁寧に返していただけるとは思わず、なんとお返ししたらいいかとても戸惑っています(笑)

        わたしのコメントでそんなおこがましい!とは思うのですがみかこさんの感想、本当に大好きなので、少しでもやる気の足しになることができたなら嬉しいです…!
        さらに図々しいのですが、もしもよろしければ『千歳くんはラムネ瓶の中』のみかこさんの感想が読んでみたいです。無理にとはいいませんのでものすごくお暇になられたときに…!
        これを機にTwitterのほうもフォローさせていただこうかしらと思っています。

        これからも楽しく読ませていただきます!『かくりよ神獣紀』、読みます!

        1. いえいえ、見返したら長文返信でしたね・・・!
          嬉しくて筆がのってしまいました・・・!笑

          すぐ調子に乗るので、これからも感想書いていこー!って思いました。やる気いっぱいです!ありがとうございます!

          『千歳くん』、ちょうど1巻だけなら買ってありました。いずれ読みたいと思っていたので、できるだけ早めに読みますね!いつになるかは確約できないのですが・・・

          Twitter、今は『かくりよ神獣紀』絡みでめっちゃ騒がしいかもしれませんが、それでも宜しければぜひぜひ!
          ラノベが好きな方と繋がれるの、すごく嬉しいです。
          ラノベ好きっぽいアカウントであればフォロバする方針なのですが、一声かけていただければ確実にフォロバしますので!

          『かくりよ神獣紀』、楽しんでいただけますように!(^O^)

  3. こんにちは。突然のコメント失礼します。この記事を読んでわたしも応援の気持ちを込めて購入したいと思いました。読書以外にも趣味があり読んでいない本が溜まってきているので本を積んでしまうことが申し訳なく感じて気になる作品以外は購入を控えていたのですが読むことはいつでもいいという言葉に心が軽くなりました。まだ読むことはできそうにないのですけれど、とりあえず買うことにします……!
    ライトノベルの中でも少女小説は大好きなので少しでも長く、そして一人でも多くの人に手に取ってもらえるといいなあと強く思います。好きなジャンルの一つである少女漫画も少女小説もなかなか厳しい現状なものですから、やはり買い支えることは必要ですよね。
    お礼を言うのも変かもしれませんが、意識を変えるきっかけになったのでありがとうございました!

    1. ななさん、コメントありがとうございます。

      私も自分で読みきれない新作の購入を控えていたので、とてもわかります。
      自分で書きながら「いや私も買わねば!」となったので、ななさんにもご一緒していただけたら大変心強いです!

      私も少女小説や少女漫画が大好きです。
      どちらも雑誌の休刊やレーベルの休止が相次いでいて、大変そうですよね。とても心が痛いです。
      読者ができることは購入と応援だけですし、それが一番なはずなので、一緒にがんばって支えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。