仙文閣の稀書目録 /三川みり



仙文閣の稀書目録 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
『シュガーアップル・フェアリーテイル』『一華後宮料理帖』の三川みりさんの新作中華ファンタジー。
師が遺した本を守るために、命をかけて伝説の巨大書庫を訪ねた少女。
全てを失った少女は、そこで何を見て、何を知り、何を学ぶのか。
「仙文閣」という不思議な場所を舞台に、少女の救済と再生を描く、切なくも優しい物語でした。
「本」とは、人にとってどんな存在なのか。
それを思ううちに、なんだか図書館に行きたくなりました。
本当に良い作品だった。ぜひシリーズ化してほしいです。

☆あらすじ☆
命より大切な本を守りたい少女とツンデレ司書青年の新感覚中華ファンタジー
巨大書庫・仙文閣(せんぶんかく)。そこに干渉した王朝は程なく滅びるという伝説の場所。
帝国・春(しゅん)の少女、文杏(ぶんきょう)は、一冊の本をそこに届けるべく必死だった。
危険思想の持主として粛清された恩師が遺した、唯一の書物。
けれど仙文閣の典書(司書)だという黒髪碧眼の青年・徐麗考(じょれいこう)に、蔵書になったとしても、本が永遠に残るわけではないと言われ、心配のあまり仙文閣に住み込むことに……。
少女小説の手練、三川みりが贈る、命がけで本を護る少女と天才司書青年の新感覚中華ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

 

友人の裏切りによって、反逆の罪を着せられ処刑された恩師・柳睿が遺した書物『幸民論』。
師の全てが焼き払われようとするなか、彼の言葉だけは守り抜こうと考えた少女・文杏は、決死の逃亡の果てに伝説の巨大書庫・仙文閣にたどり着く。
しかし、愛する師を失ったショックと、彼の本を守り抜かねばならないと頑なになっていた彼女は、仙文閣を信じきることができなかった。
そこで、本を預けるにふさわしい場所か見極めるため、典書・徐麗考の監視のもと、文杏は仙文閣に滞在することになるのです。

 

多くの王朝が栄枯盛衰を繰り返す中で、まるで夢物語のように書物を守り続けてきた仙文閣。

そこはどんな場所なのか。
「所蔵した本は仙文閣がある限り守る」という鉄則を掲げる一方で、彼らが「所蔵されても永久に残るわけではない」と忠告するのは何故なのか。

物語は、仙文閣という場所の秘密に少しずつ触れながら、そこで少しずつ自分の傷と向き合っていく文杏の再生を描いていくことになります。

 

この仙文閣という設定がとても面白かった!
柳老師が語る「仙文閣」はとても幻想的で、文杏が期待していたような「夢の国」を私も薄っすらと思い描いていたんですよ。中華風ワンダーランド図書館の話なのかなって。

しかし実際に文杏が目にしていくのは、世知辛いほどの現実。

当初の神秘的なイメージはオンボロ建物によってペラッと剥がされ、実情を知れば知るほど「資金難を抱えた辺境の貧乏図書館」という風情を感じてしまいました。切ない。

 

ただ、それが「仙文閣」という場所の魅力を損なうわけのかと言うと、そんなことはなくて。

 

「書仙がつくった場所」という言葉から連想するような不思議な力はないけれど、500年もの長きにわたって存在し続ける仙文閣。
書物を守るという強い責任感と愛情を背負って、仙文閣の人々は権力との駆け引きを演じます。
彼らは何度、権力によって焼かれようとする書物を守ってきたのだろうか。
焼いてしまえば灰になり消える脆い存在を、守り、残して、繋げること。それがどんなに難しくも尊い行為なのか。
「呪い」というブラフだけじゃないんだろうな。権力に逆らうわけでもなく、おもねるわけでもなく、上手い落とし所を探ってきたに違いない。
序盤と終盤の天佑の言葉の端々に、そういう苦心の痕をみた気がしました。
一見すると地道で地味だけど、これってとんでもなく格好良いよなぁ・・・・・・

 

金も力も持たないが、書物を守ることだけは譲らない仙文閣。
では、なぜそんな場所に所蔵された書物が永久に残るわけではないのか?

その真意が明かされたとき、歴史にあらわれ消えていった数多くの書物の存在に思いを馳せることになりました。
「目録は海図だ」というのは言い得て妙だと思った。

人生は短く、存在する本を全て知ることはできない。
自分が必要とする本ですら、出会えるとは限らない。

書の世界の広さと深さ。その果てしなさを思うと目眩がしそうです。
柳老師が出会えなかった本の存在に触れるシーンで、私は自分にとって必要な本をどれだけ見逃してきているのだろうと思ってしまった。とても怖い。
そして無性に図書館に行きたくなりました。大きな本屋でも良い。
普段なら視界に入らない自分が知らない本を、手に取りたくなったのです。

 

傷つき絶望した少女・文杏の救済と再生の物語としても面白かったです。
最初は疑心暗鬼のハリネズミみたいな子だったのに、麗考の不器用な思いやりを素直に受け止めていき、やがて希望を見出していく文杏。
自分の無知と向き合い真摯に学ぼうとする姿は、あまりにも聡明で、自分もこうあらねばと思うばかりでした。
向学心が強い少女の物語は良い。刺激になる(耳も痛い)

 

本当にとても面白かったです。
仙境っぽい舞台だけど現実寄りだなぁと思ってたら、最後にばっちり仙境っぽさも見せてくれてファンタジーとしても満足。
ぜひシリーズ化してほしいです。続きが読みたい!

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。