僕は婚約破棄なんてしませんからね /ジュピタースタジオ



僕は婚約破棄なんてしませんからね (一迅社ノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
悪役令嬢を婚約破棄して追放する「予定」の王子様が主人公の悪役令嬢ラブコメ。
婚約者を悲しませないために、彼女と一緒にゲームの強制力と戦う少年の物語です(という体の、ショタとロリがイチャイチャする話ですね!)
大人顔負けの活躍で自分たちの地盤を築きつつ、来る運命と戦おうとする子どもたちが頼もしくて可愛い。
ゲーム開始時点に辿り着かずに終わったけれど、ゲームヒロイン側の不気味さが良かったし面白くなりそうです。
あと、序盤は10歳児の語り口が慣れなかったんだけど(ひらがなが・・・)、成長に応じて地の文も読みやすくなっていくので、次巻からは戸惑うことなく楽しめるはず?

☆あらすじ☆
「き……、きゃああああ――――!」第一王子の僕の婚約者になる、公爵令嬢のセレアさん。十歳の初顔合わせで、悲鳴を上げて倒れちゃいました! ええええ!? なになに、思い出した? 君が悪役令嬢?  僕の浮気のせいで君が破滅する? ひどいなその設定の僕。でもね、そんな『イベント』とか『設定』なんて関係ないって。一緒にいるうちに、控えめで優しい君が、どんどん好きになってきているんだから! でも、ヒロインだという女の子に会ったとき、強烈な胸のドキドキと、運命の鐘が頭で鳴り響いて……。これが”強制力”? それでも僕は、絶対に婚約破棄なんてしませんからね!!
これは、乙女ゲーのストーリーという過酷な運命にラブラブしながら抗い、ゲームの強制力とイチャイチャしながら戦う、十歳から始まる王子と悪役令嬢の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

 

婚約者となる予定の公爵令嬢セレア(10)に出会った第一王子シン(10)は、なぜか挙動不審な様子の彼女から「乙女ゲームと悪役令嬢」の話を聞きだす。
破滅の運命に怯えて泣くセレアのために、シンは「乙女ゲームの強制力」と戦い、自分が「攻略対象のシン」とは違うということを示すため奮闘することになり―― というストーリー。

 

何を期待して本作を読んだかというと、あらすじに書いてある「強制力」の部分でした。

実際に強制力の影響を受けるとき、攻略対象は何を選ぶのか。
セレアを大事にしようと思っているのに、別の女の子に運命を感じたらどうするのか。

そのへんをどういう風に描くのかなぁ、とワクワクして読み進めたのだけど、期待に違わず面白い演出が待っていました。

あらかじめセレアから話を聞いていたにも関わらず、「運命」の体当たりをくらって動揺するシン。
彼は、問題を打破するために即座に行動を起こすのだけど、これがすごくロマンチックで可愛いんです。

だってふたりとも10歳ですよ??そんな子どもたちが「二人だけの深夜の誓い」って可愛すぎじゃない??

彼らの焦燥は本物だから決して「ごっこ遊び」ではないのだけど、そうは言っても10歳が永遠の愛を誓う姿はおマセな感じが拭えなくて可愛い〜〜〜!!!ってなる。
こういう可愛さって「10歳児っぽい地の文」が担保してるんでしょうね。
正直、ひらがなが多すぎて読みにくさを感じたんですけどね、地の文。でも演出としては良かったのかも。

 

ところで、結局ゲームの強制力はこれでクリアってことでいいんでしょうか?
ゲーム突入前の子ども時代でフラグを折ったのは、少しだけ拍子抜け感があったり・・・・・・

 

強制力の問題はさておき、ゲームヒロインとの勝負がこれで終わったわけではないようです。
来たるべき対決のために、今の自分たちができることを一つずつ増やしていくシンとセレア。
この後半は現代知識チートの連発でした。しかも医療分野だよ。
セレア、精神年齢も10歳のはずなのにその知識量と理解力はなんなの。
それに付いていけるシンはナチュラルボーン・チートでしょ。恐るべき子どもたち・・・!

 

もっとも、彼らが対峙する予定のゲームヒロイン側も現代知識チートを連発して勢力を伸ばしているので、対決の構図としてバランスが取れているとも思う。
世界観的にはインフレ甚だしいんだけど、主人公カップルVSゲームヒロインの対決としてはワクワクします。
まぁ、彼らがどこに向かって対決してるのか、よく分からないところはあるんだけど・・・(学園で何する気??)

 

ゲームヒロインといえば、彼女の背後には謎の黒幕がいる様子?
かなり不気味な存在感を示していて期待が高まる。
割とテンプレに沿ったストーリーだったのに、黒幕が登場したことで一気に展開が読めなくなりました。これは良いテンプレ外し。

 

次巻から学園編に入るようなので、物語の本題もそこで動くことになるのかな。
運命と対決するなかで、シンとセレアがどんなイチャイチャを繰り広げるのかも楽しみです(笑)
ショタとロリから年頃の少年少女に育ったけれど、やたらと生理現象を描いていたのはどう影響するんだろう。
特に自重する理由もないので(だって夫婦だし)、ぱぱっと全年齢から飛び出しそうな。

created by Rinker
一迅社
著者 ジュピタースタジオ イラスト Nardack

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。