偏屈王の妖精画家2 はじまりの騎士と狙われた花嫁 /彩本和希



【電子オリジナル】偏屈王の妖精画家2 はじまりの騎士と狙われた花嫁 (集英社コバルト文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
ますますフェアリーテイル感を強めているファンタジー第2弾。
1巻で終わりかな?と思っていたので2巻も刊行されて嬉しいです。ラストをみるに3巻も出るのでしょう。
まだちょっと心の傷が痛そうなヒーローと、愛があふれすぎて失神しがちなヒロインのいちゃいちゃがとても楽しかったです。
そして新たな騎士(イケメン)が登場してヒロインが沼落ちのピンチ!そっちか・・・!

☆あらすじ☆
妖精が見え画家でもある伯爵令嬢のフィオナは、無類の筋肉好きでちょっと変わった審美眼の持ち主。そんな彼女のまさに「理想の姿」を体現した青年ディオンにフィオナは出逢うのだが、彼の正体は実はパラルビオン国王で・・・・・・!? 互いに惹かれあい、王国の強い運命に導かれた2人は紆余曲折の末婚約する。しかし、大きな試練が待ち受けていて・・・!? 波瀾万丈! ファンタジーラブロマン第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

無事に婚約して、あとは式を挙げるだけとなったフィオナとディオン。
しかし、アルビオンの騎士・パルヴァが千年の眠りから覚めたり、「真の王」の結婚に必要なアイテムが見つからなかったり、市井の少女たちを謎の「眠りの病」が襲ったりと、トラブルが次々と起こってしまう―― という第2巻。

 

誰の目にも妖精がみえるようになったことで、ますますフェアリーテイル(おとぎ話)感が強くなってきました。
はるか昔の伝説と、フィオナたちの現実が交錯していく――そういうの、なんだかロマンチックで大好きです。
まぁトラブルは難題ばかりで主人公たち的には全然ロマンはないのだけど、、、でも指輪探しのくだりとかユーモアがあってワクワクしてしまうんですよね〜

 

「見えない恋人たち」という展開も、ストレートにロマンチックで楽しかったです。
他の人間には見えるのに、互いだけが相手を認識できなくなってしまう。
それは悲運だし大変な事態なんだけど、「仕方ないよね・・・」とばかりに公開イチャイチャに転じるフィオナとディオンが流石でした。
だから他の人には見えてるんだって!笑
自重したら不安になるから思いっきりイチャつくしかないという、なんだこれ。理論武装カンペキか???

 

もうひとつ面白かったのは新キャラ・パルヴァの扱い。
序盤こそは、「お?フィオナをめぐるイケメン同士の三角関係展開か?当て馬登場でディオンが燃えちゃうパターンか??」と予想してたんだけど違った。
これはあれですよ。危険な沼ですよ。オタ絵師がハマると大変なことになる沼ですよ。フィオナが新しい扉を開いちゃう!
友情と忠義を交わす美形筋肉と美形筋肉が互いを高めるため訓練に励む構図、フィオナ的にはごちそうすぎてキャパを超えるのね・・・・・・

 

色々と笑いつつも、今回の騒動は終わらず。
これはどうも次巻が出るようですね。
緊急避難的公開イチャイチャも楽しいけど、見えない二人はとても寂しそうで切ないので、やはり呪いはちゃんと解かねば(当たり前でしょ)
次巻も楽しみです。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。