2020年3月のおすすめライトノベル


読了ペースががくんと落ちています。
心が安定しないと本は読めないなぁ、としみじみ思う。ブログ更新も滞りがちになっています。

でも面白い本を読めば元気になるんです。それもまた本当。
浮いたり沈んだりしながら、今月もがんばって乗りきろうと思います。

それでは、3月に読んで面白かった本を紹介していきます。

 

created by Rinker
主婦の友社
著者 三月ふゆ イラストレータ ともぞ

内気ないじめられっ子が、謎の本に喰われて異世界へ突き落とされてしまう。
ダンジョンにて魔神と化した少女は、亡国の哀れな騎士を眷属とし、彼とともに迷宮を進む―― という異世界ファンタジー。

何かあればすぐに謝り、そういう自分を責め倒して内側に沈み込むような主人公のお話なので、正直とても暗いです。
陰鬱で、残酷で、息が詰まるような圧迫感がある物語だと思います。

でもこれがめちゃくちゃ面白い。

少女の成長と後退が繰り返される一方で、彼女が消えた現実世界では「異世界召喚」という現象に対する考察が進められていきます。

なぜ少女は異世界に送られたのか。異世界と現実の世界でそれぞれ何が起こっているのか。

異世界と現実世界が交錯し、物語は徐々に混沌を深め、この先に一体何が待つのかと興奮が止まりません。現代伝奇好きとしても推せる。

1巻時点では主人公の性格的に少し薦めにくいかな?とか思っていたのだけど、連続刊行された2巻を読んで考えを改めました。
これは凄いぞ!読もう!!

 

created by Rinker
KADOKAWA
著者 逆井 卓馬 イラスト 遠坂あさぎ

豚になったオタク男子と、底抜けに優しい少女。
そんな二人(?)の出会いから始まる異世界ファンタジーです。

PVのパワーに釣られた作品なので、PVを貼っておきます。

予想外にしんどい内容に驚いたのだけど、豚と少女の純愛物語としてかなり面白い作品でした。

人の思考をもつ以外は正真正銘ただの豚。
しかし豚は侮れない生き物なんですよ。

 

婚約者に殺される瞬間、なぜか6年前の世界に戻った主人公。
身体は10歳の幼女。その中身は強大な魔力を操る16歳の「軍神令嬢」。
外と内がチグハグな存在となった彼女は、本来あるべき未来を物理で捻じ曲げ、人生のやり直しを目指します。

そんな主人公ですが、勢いで夫婦になった敵国の皇帝との偽おにロリラブコメも繰り広げていくことになります。
この二人の攻防が楽しくて楽しくて。本当に癖が強いんですよ。特に皇帝が!事案だよ!

自分は恋に落ちたくないが、相手は恋に落としたい。
そんな二人の思惑が錯綜する、楽しいラブコメ・ファンタジーなんです。

武闘派ヒロインならではの格好良いアクションにも大満足。
コミカライズも重版も決まったし、これは今後も期待できそうな新作ですよ。

 

created by Rinker
SBクリエイティブ
著者 古森きり イラストレーター ゆき哉

悪役令嬢転生×辺境スローライフな異世界ファンタジー。
ただし、主人公は悪役令嬢の夫となった青年です。

婚約破棄された悪役令嬢を助けたことで彼女を押し付けられた青年貴族。
実は密かに片思いをしていた主人公は、内心ウキウキ気分で辺境生活をスタートさせるのです。

この主人公が、とんでもない尽くし系ヒーローだったりして。
愛する嫁のためにめっちゃ頑張り、その頑張り方がチート級。
一途な青年の片想いを堪能できる作品なんです。

 

こちらは一途な少女の片思いを堪能できる作品。
恋した人の全てを知るためにめっちゃ頑張り、その頑張り方がチート級なんです。・・・・・・主に犯罪方面で。

無駄に高度な諜報戦と心理戦を繰り広げていく、スパイたちによる三角関係ラブコメ。
一人の少女の可愛い初恋が、やたら大きな騒動へと繋がり、予想以上にスリリングなラブコメを展開していきます。

優秀な頭脳を持ち、ポンコツな初恋をこじらせた美少女の威力を見よ!

 

他者の心が聞こえる少女・鏡花。
ある時、彼女は自分に対する恋心を暴走させた、だいぶ怖い「心の声」を聞いてしまいます。
その声の持ち主は、鏡花が所属する風紀委員を取り仕切る深見先輩。

表面上はクールで頼れる深見先輩は、心の中で元気よく狂っている――

先輩の一方的に重い愛情にドン引きしながらも、異能ゆえに絶望の淵にいた少女に変化が起こり始めるのです。

結構重たい話なんだけど、先輩の元気な声のおかげか、シリアスさんは仕事がやりにくそうでした。
変態は変態でも、この変態は健全で真面目な良い変態なのです。

 

帝都×異能×主従の和風ファンタジー。
本に封じられた神魔「言神」を使役する者たちが活躍する帝都。
そんな帝都で働く主人公は、あるトラブルから言神の青年に懐かれてしまいます。

頬を赤らめながらグイグイと慕ってくる自称従者。
そんな彼に押されつつ跳ね返していく、芯が強くて自立心のあるヒロイン。

凸凹なふたりの掛け合いが楽しく、言神が引き起こすトラブルを描いた異能ファンタジーとしても面白い作品です。
面倒かわいい赤面系イケメンがお好きな方、本作の従者くんは楽しいかもですよ。

 

怖がりでアル中の作家と、その悪友で怪談を集める記者。
腐れ縁でつながった男二人が、震災後の帝都で様々な怪奇現象に遭遇する物語です。
ホラーな設定・展開ではあるのだけど、恐怖を感じると同時に切なくなるようなお話が多い作品でした。

本作は様々な事件を通して描かれる悪友二人の関係がとても良かった。
これは「友情」のお話だと思うんですよ。
「悪友」と書いて「親友(とも)」と読むんです・・・!
ちょっと捻くれてるけれど、優しくて温かくて気負わない、イイ年した男2人の友情に感動するお話でした。でも酒は止めるんだ!

 

最近、観測範囲で惚れ魔女読者が増えてきたように感じます。
嬉しいので私も布教に貢献すべく、惚れ魔女はいいぞ!ともっと叫ぼうと思いました。惚れ魔女はいいぞ!

可愛い魔女の可愛くて切なくて可愛い片思いに浸れるんですよ。可愛いがゲシュタルト崩壊。
2巻も可愛いが可愛いで最高に可愛くて幸せでした。

ちなみに夏にコミカライズが始まります。
本編は2巻で一応完結かな?綺麗に終わっていますよ!

 

戦闘シーンが私の読解力を超えてきているので、ついていけるか不安になりつつ、でもやっぱり面白すぎる第2巻でした。
空中艦隊戦の迫力は圧巻だし、幼なじみのピュアで悲恋へと向かいそうな関係がツボ。

 

椅子と謎と愛憎のミステリー第2弾。
キャッチコピーに「ふんわりオカルティック」と名付けた方の「ふんわり」観が気になる。普通に怖いです普通に。
すっとぼけた変人ヴィクトールと苦労性霊感JK杏の掛け合いが最高に楽しい作品。
ヴィクトール先生の椅子学講座も安定の面白さでした。

 

孤高で健気な吸血鬼・凜音の人気爆上げ回。
転生しても続く鬼夫婦の愛も素晴らしいんだけど、二人の手下たちの巨大感情も最高に心を揺さぶるんですよね・・・

 

異世界に転生し、そこで出会って恋をした少年と引き裂かれた少女・マキア。
彼女の数奇な運命を描くファンタジー第2弾ですが、今回もとても面白かったです。
このシリーズ、魔法学校ものとしてもユニークで良いんですよ。

 

女性官吏・茉莉花の立身出世を描く中華ファンタジー第8弾。
茉莉花の仕事は多岐に航るので、新章ごとに様々な楽しさがあるんですよね。新鮮さが継続している。そこがやはり魅力的です。
あと茉莉花が化け物すぎるんですよ。
可愛らしい少女の皮では隠しきれぬ怪物感、めちゃめちゃ楽しいです。

 

愛されることに怯える王と、彼だけは愛さないと誓ってあげる寵姫。
いびつに執着し合う夫婦の奇妙な関係を描く中華ファンタジー第3弾。
宮野美嘉先生は、毒気の強い関係を描くことにかけて天才的ですよね。
よくもこんな業の深い執着を思いつけるものだな・・・と感動します。すごく好きだ。

 

以上です。
最後に、3月に書いた企画記事を再掲して終わりたいと思います。

 

 

 

 

それでは、色々と大変な時期ではありますが、今月もよろしくお願い致します。

 

スポンサーリンク
 
0

「2020年3月のおすすめライトノベル」への2件のフィードバック

  1. いつもお疲れ様ですー。
    調子が悪かったり、気が滅入るようなニュースばっかりだったり、コンテンツの新規開拓や再熱で読書する暇がなかったり、最近ジャンプなどの漫画も含めて読書に対するモチベーションがガタ落ちしててあんまり読めてないので、こちらの記事を参考にいろいろ読んでみたいと思います……!

    今月からは全体的に書籍の売上がガタ落ちして打ち切りの危機になる作品もどっと増えてくるので早くモチベ回復させて好きな作品は死ぬ気で推さないといけない、っていうのはわかってるんですけどねー。

    惚れ魔女はWeb版も完結してますしはめふらルートにでも行かない限りはここで完結だと思います。たまーに短編ぐらいなら見てもいいかもですが本筋は綺麗に締められてたので満足ですね……。

    読了ペースこそ落ち着いてますが企画記事に力を入れた月と考えればすごいと思います・:*+.(( °ω° ))/.:+
    少女小説6+30選の記事すごかったです。みかこさんの熱意がこれでもかと伝わってきました。わたしの幸せな結婚気に入ったので今度買いますね!

    辛いニュースが舞い込んできて鬱になりそうですがこんなときのために娯楽なのでどんどん読んでいきたいですね。
    こういうときに基本ストレスフリーでただ読みできるWeb小説系は有難かったり……。

    1. スズナリンゴさん、コメントありがとうございます。

      >いつもお疲れ様ですー。

      どもども!
      なんだか、ネットを見るのもニュースを見るのも、人と話すことすら疲れてしまって、メンタルがガタガタになっているのを感じています。
      こういう時こそエンタメが力になるんですけど、エンタメを摂取しようという気力を奮い立たせるのが大変だったりして・・・・・・モチベ落ちちゃいますよねぇ。
      でも面白いものに当たれば元気が戻るので、私もなんとか気持ちを立て直していきたいです。この記事がスズナさんのお役に立てれば嬉しいですー!

      >今月からは全体的に書籍の売上がガタ落ちして打ち切りの危機になる作品もどっと増えてくる

      都市部の書店が軒並み休業していると聞いているので、たしかに4月に発売される作品はとても厳しいでしょうね・・・
      これを機に電子書籍派が増えるか、版元が電子書籍にもっと力をいれてデジタル売上を考慮してくれるようになればいいのに。

      >惚れ魔女はWeb版も完結してますしはめふらルートにでも行かない限りはここで完結だと思います。

      惚れ魔女はWEB版的には完結ですよねぇ。まぁ綺麗に終わっているから、続かなくても良いんですが、たしかに短編は読みたいですね・・・!
      これがアイリスだったらWEB版が完結してても平気で書籍版をシリーズ化させるんですが、Mノベルスfはどうなんでしょうね。
      あったら良いな〜くらいに軽く待っておきます。とりあえずはコミカライズが生きる希望です!

      >読了ペースこそ落ち着いてますが企画記事に力を入れた月と考えればすごいと思います・:*+.(( °ω° ))/.:+

      ありがとうございますー!
      本を読む気力はない割に、やたらブログに触っていた月だった気がします(笑)
      「わたしの幸せな結婚」いいですよ!めっちゃオススメです〜!

      >辛いニュースが舞い込んできて鬱になりそうですがこんなときのために娯楽なのでどんどん読んでいきたいですね。

      本当にそう思います。少しでも気分が上向きになるよう、自分で自分の機嫌をとっていかねば!
      楽しい本を読みたいですね。ストレスフリー系も大事・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。