小鳥遊さんはラブコメを勉強中! /高橋徹



小鳥遊さんはラブコメ勉強中! (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
おおお・・・・・・・・・あ、甘かった・・・・・・!
すごいですねこれ。甘々の激甘のベタ甘でした。
社会人同士の話ではあるんだけど、初心者×初心者が生真面目に恋愛のステップアップに励むやつなので、なんだろう、この遅れてきた青春の甘酸っぱさは。
実は高校1年生の話だよ、とか言ったら騙される人も割といそう。
一緒に恋愛のお勉強をしよう!という体で繰り広げられるバカップルのイチャイチャの破壊力たるや。
癒やしと甘さだけがほしい!他には何もいらない!という方は是非どうぞ。望みのものがここにはある!

☆あらすじ☆
小鳥遊璃子。知的な雰囲気の漂う同僚で、テキパキと仕事をこなしてみんなに頼られている。
そんな小鳥遊さんとレンタルビデオ店ののれんの奥でばったり!普段はクールな彼女だが、どういうわけか人妻ものを見てハァハァしていて……。何故か流れで擬似恋人に!?
小動物っぽい敬語ヒロインに癒されっぱなし!
ウブで知りたがりのヒロインと、いっしょにラブコメを学びませんか?

以下、ネタバレありの感想です。

 

レンタルビデオ店の18禁コーナーで、職場の同僚・小鳥遊璃子と遭遇した主人公・鞘野直晴
璃子の話によると、見た目と性格と環境のせいで現実の恋愛や性の話から遠ざけられた結果、興味だけが過剰に膨らんでしまった状態(やや暴走気味)にあるという。
もともと璃子のことを可愛いと思っていた直晴(恋愛経験なし)は、勇気をだして「互いに恋愛について学ぶために、お試しで付き合ってみないか」と誘ってみるが―― というのが序盤の流れ。

 

契約恋人もの×初心者カップルのイチャラブもの!
大好物なやつですね!!

 

うぶだけど耳年増な璃子と、いつも「いい人だけど・・・」と言われがちな直晴。
これは、互いに初心者なふたりが、ものすごーーーーーく真面目に恋愛ごとのステップアップを目指すお話なんです。

今日は互いの名前を呼び合いましょう。今日はデートをしてみましょう。今日は手を繋いでみましょう・・・・・・

そんな感じで、具体的な目標を立てて、実践し、反省点を共有していく璃子と直晴。
真面目ですよ?本人たちは超真面目です。だからこそめちゃめちゃ可愛い。

 

璃子さんの暴走ポンコツっぷりも可愛かったし(璃子さん、なんか常に目がグルグルしてた気がする!)、直晴さんがポロポロと本音を垂れ流してたのも可愛かった。
「ごめん、油断するとすぐ可愛いって言っちゃう・・・」には笑いました。正直者か!
うーむ、この二人かわいすぎかな?これは推せる。

 

あくまで「恋人(仮)」なので、微妙に超えがたい一線があるのも良い塩梅。
イチャイチャの空気が高まって暴走しかけても、ギリギリの理性が待ったをかけるんです。主に璃子さんが踏ん張ってた。
あの寸止め連発は笑ったし、ちゃんと我慢した直晴さんは本当に「いい人」だと思いました(笑)

 

クライマックスでは最大の寸止めがくるわけだけど、もはやボーナスタイムというか、関係をリセットしたことでよりイチャイチャしてたというか。
璃子さん、あんなに懐いてベタベタしてたくせに「まだ分からない」とかほざくポンコツっぷりに笑ったけど、速攻で自業自得の地獄におちてて本当に可愛かったです。お幸せに!

 

ところで、なんだかイチャイチャ描写がやたら艶かしくない?とか思っていたんだけど、もともと官能ラノベの作家さんだったんですね。なるほど?だから尾てい骨??
いや、尾てい骨ぐりぐりしてたけど、お尻触るよりもなんかフェチいなと思って。尾てい骨。

 

完璧にストレス要素を排除し、徹底的に癒やしと甘さに特化したラブコメだったと思います。
この手の作品は読み応えが薄いと感じることも多いんだけど、本作は二人の関係だけに話を集中して、設定もキャラもシンプルにした上でイチャラブに振り切っていたのが良かったのかも。

とても満足しました。楽しかったです!

 

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。