仙文閣の稀書目録 /三川みり


仙文閣の稀書目録 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
『シュガーアップル・フェアリーテイル』『一華後宮料理帖』の三川みりさんの新作中華ファンタジー。
師が遺した本を守るために、命をかけて伝説の巨大書庫を訪ねた少女。
全てを失った少女は、そこで何を見て、何を知り、何を学ぶのか。
「仙文閣」という不思議な場所を舞台に、少女の救済と再生を描く、切なくも優しい物語でした。
「本」とは、人にとってどんな存在なのか。
それを思ううちに、なんだか図書館に行きたくなりました。
本当に良い作品だった。ぜひシリーズ化してほしいです。

☆あらすじ☆
命より大切な本を守りたい少女とツンデレ司書青年の新感覚中華ファンタジー
巨大書庫・仙文閣(せんぶんかく)。そこに干渉した王朝は程なく滅びるという伝説の場所。
帝国・春(しゅん)の少女、文杏(ぶんきょう)は、一冊の本をそこに届けるべく必死だった。
危険思想の持主として粛清された恩師が遺した、唯一の書物。
けれど仙文閣の典書(司書)だという黒髪碧眼の青年・徐麗考(じょれいこう)に、蔵書になったとしても、本が永遠に残るわけではないと言われ、心配のあまり仙文閣に住み込むことに……。
少女小説の手練、三川みりが贈る、命がけで本を護る少女と天才司書青年の新感覚中華ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 仙文閣の稀書目録 /三川みり

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・9 /山口悟


乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 9【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年4月刊。
現在放送中のアニメの評判がとても良い「はめふら」の最新刊!
第9巻は海が見える街でマリアとデート回です。
いや他にも色々あったんだけど私の記憶に焼き付いたのはそこだった・・・!

☆あらすじ☆
乙女ゲームの悪役令嬢カタリナに転生した私。魔法学園を卒業し魔法省で地道に働きはじめたはずが、最悪な未来が待つゲーム続編は進行中!?
回避方法がわからないまま、子供の誘拐事件の捜査のため、港街の食堂で給仕係として働くことになったのだけど…。任務では攻略対象のソラとマリアとの3人行動で、2人のお邪魔虫的立場に――って、ゲームの悪役と同じ立ち位置では⁉︎ これってまずくない!?
大人気破滅回避ラブコメディ★第9弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・9 /山口悟

後宮の烏4 /白川紺子


後宮の烏 4 (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年4月刊。
後宮に閉じ込められた神秘の妃を描く中華ファンタジー第4弾。
寿雪の変化が更なる変化を呼び、物語が大きなうねりをみせてきたように感じます。
「烏妃」という存在の問題が浮き彫りになり、彼女の運命がどうなるのか目が離せません。

☆あらすじ☆
今宵も夜明宮には訪いが絶えない。泊鶴宮の蚕室で、大切な繭がなくなったという宮女……。一方、花娘を通じ城内での謎多き失せ物探しも舞い込んで!? 烏妃を頼る者は日に日に増え、守るもののできた寿雪の変化に言いようのない感情を抱く高峻。やがて二人は真実眠る歴史の深部へ。鍵を握るのは名もなき幽鬼か、あるいは――。
圧倒的中華幻想譚、待望の第四弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏4 /白川紺子

少女願うに、この世界は壊すべき 〜桃源郷崩落〜 /小林湖底


少女願うに、この世界は壊すべき ~桃源郷崩落~ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
第26回電撃小説大賞《銀賞》受賞作。
中華風と和風を足して2で割ってポストアポカリプスで味付けした楽しいファンタジーでした。
かなり込み入った設定で、そこに慣れるのが少し大変だったかな。でも読み応えはすごかったです。
あと最近では廃れた暴力系ツンデレヒロインに懐かしさを感じたり。全裸で始まり、全裸で終わる男がいかんのよ(違)

☆あらすじ☆
時空を超え目覚めた最強の霊術遣いが、残虐な妖魔を殲滅する!
こんな世界はぶっ壊してやる——
妖狐の因子を持つ少女・熾天寺かがりは、村を襲う天颶や心ない人間たちから迫害され、この世界の全てを忌み嫌っていた。
そんな彼女の願いに応じ、はるか昔に自らを封印した最強の聖仙・神津彩紀が覚醒する。五彩の覇者と呼ばれ、全能の薬神でもある彼の姿は——
全 裸 だ っ た 。
「間一髪だったな」流れるように神州刀を振り回し、敵を殲滅した彩紀は告げる。
「どうやら俺はお前の式神、平たく云えば奴隷になってしまったようだ。お前の願いはなんだ──」
最強のエロ聖仙と灼熱の狐耳少女による、世界変革の物語が始まった。
——人の祈りは、天の法則を書き換える。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 少女願うに、この世界は壊すべき 〜桃源郷崩落〜 /小林湖底

お飾り王妃になったので、こっそり働きに出ることにしました 〜うさぎがいるので独り寝も寂しくありません!〜 /富樫聖夜


お飾り王妃になったので、こっそり働きに出ることにしました ~うさぎがいるので独り寝も寂しくありません!~ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
これはビーズログ読者なら好きでしょ!って感じの、ビーズログらしいビーズログ作品でした。

政略結婚先で軟禁された王妃が、ストレス解消がてら市井にお忍びして労働に精を出す。
夜には謎のうさぎをもふって幸せを感じつつ、しかし夫である国王との関係は断絶状態。
そんな生活が続くなか、自分の命を狙った陰謀の存在を知ったヒロインは、「自分の命は自分で守る!」と決意するのだが―― というお話。

あらすじと表紙だけで何かを察知した人が結構いそう。
そんなあなたは訓練されたビーズログ読者だと思います。

☆あらすじ☆
どうせお飾りの妻ですから……昼はバリバリ給仕係、夜はもふもふうさぎを溺愛します!
ルベイラ国王ジークハルトの元に嫁いで半年、その間手を出されず事実上“お飾り王妃”となってしまったロイスリーネ。
それもそのはず、ジークにはとある呪いがかけられ、夜を共に過ごすことができないのだ!
そうとは知らず、毎晩寝床に遊びに来るうさぎを溺愛することで開き直ったリーネは、ひょんな偶然から下町の食堂で給仕係(ウェイトレス)をやることになり!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お飾り王妃になったので、こっそり働きに出ることにしました 〜うさぎがいるので独り寝も寂しくありません!〜 /富樫聖夜

クラスメイトが使い魔になりまして3 /鶴城東


クラスメイトが使い魔になりまして (3) (ガガガ文庫 か 13-3)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年4月刊。
全ケンカップル好きはこれを読め!
ケンカップル好きにはたまらない主従ラブコメ第3弾。
今回も良きケンk・・・・・・・・・・・・・・・あれぇ!?

☆あらすじ☆
言葉で言えないなら……直接行動で示して。
落ちこぼれの俺、芦屋想太には藤原千影という分不相応な使い魔がいる。
紆余曲折はあったが一応主従関係は継続中。
いや「一応」どころか、藤原は俺のことをはっきりと「好き」と言った。それが恋愛感情かはわからないけどなんて言い訳つきだが。
もはや俺も藤原のことを好きなんだろう。俺だってそれが恋愛感情かは分からないが……。
そんななか、俺の魔術の師匠・真紀美がやっかいな頼みごと(命令?)をしてきた。
「新魔術」使いの俺を手に入れたくて仕方ないらしい魔術結社「宵の明星」(今、一番危険な連中)をおびき出すために、俺と藤原で婚前旅行にでかけろと。
ふざけんな!婚前!?……そうか、俺と藤原、許嫁どうしだったんだよな(ため息)。おまけに藤原と犬猿の仲の生徒会長・三条茉莉花までなぜかくっついてきて最低。ただし「3人いっしょに温泉につかろうじゃないか!」の提案だけは、俺は一応、拒否しません。
そして案の定、肝心の囮作戦は激しくヤバい展開となり、藤原が「宵の明星」のヤツのとんでもない「謎の一撃」を食らってしまって――。
喧嘩ップル好きに贈る、「険悪時々デレ」主従ラブコメ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラスメイトが使い魔になりまして3 /鶴城東

平安後宮の薄紅姫 物語愛でる女房と晴明の孫 /遠藤遼


平安後宮の薄紅姫 物語愛でる女房と晴明の孫 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
本の虫の女房が探偵役となり、青年陰陽師が持ち込む事件の謎を解く平安ミステリー。
平安京で起こる不思議な事件と源氏物語の共通項を見出し、興奮してオタク語りをしてしまうヒロインが良い。
日々のお勤めが聖地巡礼になるオタクは強いですね。

☆あらすじ☆
「平穏に読書したいだけなのに!」読書中毒の女房が宮廷の怪異と謎に挑む
怪異や難事件の最後の駆け込み寺・薄紅の姫。彼女に依頼が成立するのは、物語にまつわる品が差し出されたときだけ。薄紅は重度の物語中毒で、特に『源氏物語』には目がないというのだ。
——この異名が広がったのは、晴明の孫である若き陰陽師・奉親のせい。訪ねて来た彼に早く帰ってほしい一心で、物語知識を駆使し怪異の謎を解いたのが悪かった。薄紅を使えると判断した奉親は、言葉巧みにたびたび彼女をモノで釣っては謎解きにかり出すことに。
「また相談ですか? 私は読書に集中したいのでございます!」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 平安後宮の薄紅姫 物語愛でる女房と晴明の孫 /遠藤遼

僕は婚約破棄なんてしませんからね /ジュピタースタジオ


僕は婚約破棄なんてしませんからね (一迅社ノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
悪役令嬢を婚約破棄して追放する「予定」の王子様が主人公の悪役令嬢ラブコメ。
婚約者を悲しませないために、彼女と一緒にゲームの強制力と戦う少年の物語です(という体の、ショタとロリがイチャイチャする話ですね!)
大人顔負けの活躍で自分たちの地盤を築きつつ、来る運命と戦おうとする子どもたちが頼もしくて可愛い。
ゲーム開始時点に辿り着かずに終わったけれど、ゲームヒロイン側の不気味さが良かったし面白くなりそうです。
あと、序盤は10歳児の語り口が慣れなかったんだけど(ひらがなが・・・)、成長に応じて地の文も読みやすくなっていくので、次巻からは戸惑うことなく楽しめるはず?

☆あらすじ☆
「き……、きゃああああ――――!」第一王子の僕の婚約者になる、公爵令嬢のセレアさん。十歳の初顔合わせで、悲鳴を上げて倒れちゃいました! ええええ!? なになに、思い出した? 君が悪役令嬢?  僕の浮気のせいで君が破滅する? ひどいなその設定の僕。でもね、そんな『イベント』とか『設定』なんて関係ないって。一緒にいるうちに、控えめで優しい君が、どんどん好きになってきているんだから! でも、ヒロインだという女の子に会ったとき、強烈な胸のドキドキと、運命の鐘が頭で鳴り響いて……。これが”強制力”? それでも僕は、絶対に婚約破棄なんてしませんからね!!
これは、乙女ゲーのストーリーという過酷な運命にラブラブしながら抗い、ゲームの強制力とイチャイチャしながら戦う、十歳から始まる王子と悪役令嬢の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 僕は婚約破棄なんてしませんからね /ジュピタースタジオ

偏屈王の妖精画家2 はじまりの騎士と狙われた花嫁 /彩本和希


【電子オリジナル】偏屈王の妖精画家2 はじまりの騎士と狙われた花嫁 (集英社コバルト文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
ますますフェアリーテイル感を強めているファンタジー第2弾。
1巻で終わりかな?と思っていたので2巻も刊行されて嬉しいです。ラストをみるに3巻も出るのでしょう。
まだちょっと心の傷が痛そうなヒーローと、愛があふれすぎて失神しがちなヒロインのいちゃいちゃがとても楽しかったです。
そして新たな騎士(イケメン)が登場してヒロインが沼落ちのピンチ!そっちか・・・!

☆あらすじ☆
妖精が見え画家でもある伯爵令嬢のフィオナは、無類の筋肉好きでちょっと変わった審美眼の持ち主。そんな彼女のまさに「理想の姿」を体現した青年ディオンにフィオナは出逢うのだが、彼の正体は実はパラルビオン国王で・・・・・・!? 互いに惹かれあい、王国の強い運命に導かれた2人は紆余曲折の末婚約する。しかし、大きな試練が待ち受けていて・・・!? 波瀾万丈! ファンタジーラブロマン第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 偏屈王の妖精画家2 はじまりの騎士と狙われた花嫁 /彩本和希

薬師の受難は、だいたい自分のせい /さばみそに


薬師の受難は、だいたい自分のせい (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
うっかり惚れ薬を作った薬師と、うっかり惚れ薬を飲んだ騎士が織りなすお仕事ラブコメ。
悪くはないと思いつつ、私とは微妙に波長が合わない部分もある作品でした。特に前半。
何かがダメと言うより、ひとつひとつの要素が私の好みと少しずつズレていく感じかなぁ。
でも後半は面白かったです。お仕事もラブコメも後半に入ってからは楽しく読めました(惚れ薬ラブコメなのは前半だけども)

☆あらすじ☆
ある日、騎士団一の堅物なスタッグ隊長の甘い言葉を聞いた薬師のアルカは、途方に暮れることに。それは自分がうっかり作ってしまった惚れ薬を、彼が誤って飲んだせいだと分かったからだ。しかも、惚れ薬には解毒剤がないばかりか、とんでもない効果があり――。隊長が私に甘く囁いたり、私のそばから離れられなくなったのは、私のせいです。でも、そのせいで四六時中一緒に過ごすことになるなんて!?
うかつな薬師と、不器用で恋に鈍感な堅物隊長のお仕事ラブファンタジーが、書き下ろし中編を収録して書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬師の受難は、だいたい自分のせい /さばみそに