浅草鬼嫁日記8 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。 /友麻碧



浅草鬼嫁日記 八 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
こ、これは・・・・・・凜音人気爆上げ回なのでは??
茨姫と凜音の関係性を紐解く第8巻。今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
千年の忠誠と思慕を胸に秘め、吸血の鬼と「最強の鬼嫁」は競い合う!
茨木真紀は、かつてあやかしの国を治めた鬼姫“茨木童子”の生まれ変わり。前世の夫“酒呑童子”だった天酒馨らとともに暮らす浅草で、毎年恒例のお祭り行事を心待ちにしていた。
しかしその喧騒の裏で、吸血鬼による事件が見え隠れしはじめる。前世の眷属で吸血の鬼である凛音を心配する真紀だが、その凛音に真紀自身が攫われてしまった。
浅草に帰るため、在りし日の仲間と刃を交える真紀。それはやがて、茨木童子と凛音が出会った千年前の勝負の日々を、二人に思い起こさせて——。

以下、ネタバレありの感想です。

 

真紀を狙う西洋吸血鬼の魔の手が迫りつつあるなか、凜音の呼ぶ鈴の音を聞いた真紀。
凛音の作った結界の中に連れ去られた真紀は、元眷属の悲痛な真意を知ることになるのです。

 

というわけで、ついに来ました凛音回!
主へのクソデカ感情持ちばかりの元眷属のなかでも、特にこじらせてる気がする(スイとどちらがマシだろうか)ツンデレ吸血鬼のターンとあって、めちゃめちゃ楽しみにしていました。

 

そんな第8巻で描かれるのは、千年前の茨姫との出会いから始まる凛音の物語。

二人はいかにして主従になり、凜音は主にどんな想いを抱いていたのか。
酒天童子の死後、壊れてゆく茨姫の傍で何を見てきたのか。
彼女がいなくなった後に、凜音に何があったのか、
そして今、彼は何を思うのか。

ようやく凜音の全てが明らかになりました。
これ自体が1本のロマンス小説のようだった・・・・・・従者の片思いものって感じで。
とても読み応えがあったし面白かったです。そして凛音が好きになった。
徹底してツンツンしてるくせに、どこまでも愛が深い吸血鬼。
壊れた茨姫を必死で追いかけて、見てもらえないのに見届けて。
忠義と恋の混じり合った感情が、叶うことのないその想いが、とてもとても心に残ります。
あやかしの恋はこじらせるとしつこいですね。その健気さが、好きにならずにいられない。

 

凜音の過去エピソードだけでも好感度あがりっぱなしだったのに、更に上限突破したのがこのセリフ。

「貴様の片思いなど知るかっ!オレは千年、報われてない!!」

強い!
言葉に力と重みがありすぎて、あふれてる。
だって今回は1冊まるごと報われない片思いの話で埋まってたからね。
凜音の気合入った報われなさを知ったからには、このセリフに黙るしかないんですよ(笑ったけども)

 

不憫キャラVS不憫キャラの対決は拗らせ度合いで凛音の勝利。
とは言え、負けてしまった方もまた拗らせてはいるんだけど・・・・・・
しかもライはどうすれば救われるのか、今のところ想像もつかないんですよね。
馨が酒天童子の魂を吸収したらライはどうなるんだろう?
それ以前に、ミクズの罠にはまった後の彼の心境を思うと、だいぶ色々と心配が。
彼も酒天童子ではあるんだし、とすると、精神的ダメージは馨とあまり変わらないのでは・・・・・・

 

でもまぁ一番心配なのは真紀の容態なのだけど。

凜音の恋をどーんと受け止め(「見届けなさい」のセリフが格好良すぎたし、ようやく凜音は言ってもらえたんだと思うと感動的すぎた)、それでも馨への愛が揺るがない真紀に、やっぱりこの力強さが美しいヒロインだよなぁと改めて思ったのに。

 

さてさて、ココからどうなるのでしょうか。

今回、(美味しいところは掻っ攫ったものの)基本的に出番が少なかった馨。
次回は彼がメインで活躍するのでしょうか。地獄で?なんだか神話みたいな展開にワクワクしますね!

 

大魔縁茨木童子の真実も明らかになるとのこと。
続きもとても楽しみです。

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。