鬼恋語リ /永瀬さらさ


鬼恋語リ (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年2月刊。
鬼と人が争う世界で、和平のために鬼の頭領へ嫁ぐことになった幼い少女。
兄の首を落とした男の妻となった主人公は、兄の死を巡る陰謀を探っていくことになります。

なかなかにサスペンス要素の強い和風ファンタジーでした。
全体的にダークな雰囲気なのだけど、主人公の夫である鬼の天然具合が可愛くてシリアス中にもふふっと笑えることが多々ありました。
キャラがとにかく魅力的な作品だと思います。
おにロリならぬ鬼ロリ・・・とかくだらぬことも考えてしまった。

心に棘を残すような終わり方も良かったと思います。
ただ、もう少し掘り下げてほしかった部分や、世界観・設定が掴みにくいところがあったので、続刊があればそのへんにフォローがあれば嬉しいかも。
期待します。

☆あらすじ☆
泥沼化した鬼と人間の争いに終止符を打つため、戦の最前線を担った椿ノ郷の郷長の妹・冬霞は、兄を討った鬼の頭領・緋天へ嫁ぐことに。兄は以前、「自分の首を取る者がいたら、それは親友だ」と語っていた。その死になにか秘密があると感じた冬霞は、自分がしあわせになるためにも真相を探るべく奔走する。少しずつ真相へ近づく中、冬霞は緋天の心にふれ――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鬼恋語リ /永瀬さらさ