妹さえいればいい。14 /平坂読


妹さえいればいい。 (14) (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年2月刊。
ラノベ作家たちのラブコメ群像劇、ついに完結!
とても面白かったです。いや本当に面白かった。
びっくりするくらい真っ直ぐ刺さって、なんだか表に引きずり出されたような気分になりました。
何もかも満足!

☆あらすじ☆
青春ラブコメ群像劇の到達点、堂々完結!!
「アンチも編集者も俺以外の売れっ子も全員爆発しろ!」作家としてブレイクし、愛する人と結婚し、父親となっても、人は(特に作家は)そう簡単に聖人君子のように生まれ変わったりはしない。羽島伊月は今日も荒ぶりながら小説を書く。そんな彼を生温かく見つめる妹の千尋も、報われない片想いにいい加減疲れていて――。伊月、千尋、京、春斗、那由多、アシュリー、海津、蚕、刹那、撫子……時を経て大きく変わったり変わらなかったりする主人公達が、それぞれに掴む未来とは!? 青春ラブコメ群像劇の到達点、堂々完結!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。14 /平坂読