結婚初夜のデスループ 〜脳筋令嬢は何度死んでもめげません〜 /焦田シューマイ



結婚初夜のデスループ~脳筋令嬢は何度死んでもめげません~ (Mノベルスf)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
面白かったー!

結婚初夜、謎の男に殺されてしまった主人公。
そうして始まるのは、結婚初夜の数時間を何度も繰り返し、何度も殺されるというデスループ。

犯人は誰なのか。このループは何なのか。
そして主人公は「犯人絶対泣かす!」の目標をやり遂げ、このループから脱出することができるのか。

猪突猛進脳筋ヒロイン良し、アクション良し、サスペンス良し、ラブコメ良し。
そして予想以上にタイムループ・ミステリーとして面白い作品でした。

たった数時間を延々と繰り返すのに、どんどん話は進んでいくし、これは構成が上手いと思う。
気風の良い主人公の語り口も楽しくて何度も笑いました。この主人公とても好き!

少し消化不良な部分もあるのだけど、そこらへんは続刊が出ることに期待しつつ。

☆あらすじ☆
武人一族の令嬢カトレアは、お金持ちのイケメン公爵様との幸せな結婚から一転、初夜に何者かに殺されてしまう。だが、死んだはずの彼女が目を覚ますと、何故か場面は寝室に向かう直前に巻き戻っていて…!?幾度となく訪れる最悪な死のループから抜け出せ!
小説家になろう発、大人気のサスペンス×ラブファンタジー作品が堂々登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

辺境の弱小貴族の令嬢カトレアに、なぜか突然舞い込んできた公爵・クリュセルドとの結婚話。
ほぼ面識はないが条件の良さにOKしたものの、当の公爵はなんだか乗り気ではないように見える。
ガッカリするカトレアは、結婚式の後でクリュセルドが友人と一緒になってカトレアと家族を侮辱しているところを立ち聞きしてしまう。
腹立たしさを抱えたままクリュセルドの主寝室に入ったカトレアを待っていたのは、謎の人物に刺殺されたことから始まる死のループだった―― というストーリー。

 

なぜクリュセルドはカトレアと結婚したのか。
なぜクリュセルドの部屋に暗殺者がいたのか。
なぜ暗殺者はカトレアを殺すのか。
この暗殺者はいったい何者なのか。

 

謎と疑問を抱えたカトレアは、何度も何度もループを繰り返します。
やだやだ結婚しない!と駄々を捏ねる瞬間から始まり、カトレアの生死を問わず夜明けと同時にリセットされるループ。
カトレア以外の記憶もリセットされ、しかも場所は嫁いできたばかりの公爵邸という実質アウェー。
身内の兄が1人いるものの、脳筋だからマトモに話を聞いちゃくれない。
そういうわけで、カトレアは完全に孤立無援状態なのです。

 

武人一族の出とはいえ本人に武術の心得はなく、頭がキレるわけでもないカトレア。
しかし彼女には不屈の魂があるのです。
何度無残に殺されようと、何度ループに失敗しようと、絶対にめげない鋼の精神が・・・!

 

このカトレアの頑丈すぎる心と、やられたらやり返す意思の強さが、とにかく素晴らしかった。
何度も殺してくる相手に、何度もループして立ち向かい、その度に相手の行動を覚え、武術経験ゼロから着実にレベルアップしていったりするんですよ。
死にゲーの攻略法じゃん。非武闘派のヒロインでそれをやるのか!笑
でもこれが本当に格好良くて、序盤の「何やってもダメ」という閉塞感がどんどん解消されていくところがたまらなく爽快でした。

 

が、ここはまだ前半戦。
謎めくループは「観測者」を引きずり出し、不親切な観測者の説明に腹を立てながらも、カトレアは「正しい未来」を求めて更にループを繰り返していきます。

 

この後半戦が更に面白かった。

誰も死なないようにしつつ、犯人を捕まえてループを抜け出すこと。
何を考えてるかよくわからないクリュセルドと腹を割って話すこと。

言わばループミステリーと結婚ラブコメが同時に進行するんだけど、幾度ものループによって強くなったカトレアは、失敗しつつも必死に諸問題を捌いていきます。
ここ、どんどん要約とショートカットが上手くなっていくから笑っちゃった。

 

なんというか、本作、かなりシリアスでハードな展開をしていくんだけど、カトレアの成長と持ち前のキャラの良さが楽しくて、ひたすら笑いながら読めるんですよね。そのバランスがすごく好きでした。
か弱き乙女にして、力強き蛮族思考が頼もしい。
絶対に泣かす!の有言実行もお見事でした。そこ蹴ったら確かに泣くわ。

 

ラブコメパートもしっかり楽しめました。
カトレア、公爵のことを泣かす前から泣かしてたんじゃん。
というかイジケ虫の公爵、可愛すぎじゃないですか?色々ちょろすぎて心配になるレベル。
カトレアの公爵に対する態度が割とひどいので、それがまた不憫を誘って好感度があがる(笑)

 

ラブコメ絡みで特に笑ったのがここ。

「カトレアさん。自分のことを好きだと言ってくれるお金持ちの男前が目の前に現れたら、貴女はどうします?」
「・・・・・・好きになる」

ここのカトレア、素直すぎじゃないです??そうだけど!わかるけど!笑

 

あと公爵をボコボコにする度に「公爵の大事な顔が!」って言うのやめてあげようよ!
大事な、のかかってる部分が正直すぎるよ!!笑

 

ホントめちゃめちゃ笑ったんだけど、ちゃんと幸せになれそうな二人で安心しました。
ラストの「私、絶対に逃げません。貴方と一緒にいます。」というセリフ、この一夜を戦い抜いたカトレアだけに説得力が満点すぎるんですよね・・・・・・

 

欲を言えば、公爵視点で馴れ初め話をもっと読みたかったんだけど、それはどうもWEB版にはあるらしい?

ミステリーパートでも、犯人の正体やループ発生の謎については明かされたものの、カトレアが狙われた理由は謎のままなんですよね。ここ、だいぶ消化不良だった。
そのへんもWEB版では明かされているのでしょうか。書籍版で続きは出るのかな。

 

うーん、気になるので近いうちにWEB版を読もうと思います。

◎結婚初夜のデスループ(小説家になろう版)
https://ncode.syosetu.com/n4466fk/
◎カクヨム版
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889975400

 

スポンサーリンク
 
2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。