シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!2 /旭蓑雄



シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年2月刊。
怠惰に誘う悪魔と勤労に燃える社畜のラブコメ第2弾。
1巻の表紙が膝枕においでおいでされているやつで、2巻の表紙が膝枕状態からのぞきこまれているやつですね。なるほど。順調に落とされている!

☆あらすじ☆
怠惰の悪魔と社畜リーマンのイチャイチャ問答。押しかけ甘々コメディ第二弾
相変わらず勤労への執着が止まらない社畜リーマン拓務は、どうにかして甘やかそうとする怠惰の悪魔・シノと攻防を繰り広げていた。だがとある成り行きから、アパートに引っ越してきた新たなる隣人との浮気を疑われることに!?
「信じられないわ! わ、私がいままでどういう気持ちでいたか知らないで……」
「ご、誤解ですよ! 俺は何も——」
「——シノゴノ言うなあ! この浮気者!」
ドレスをはだけさせ豊かな胸を露わに艶然と微笑む謎の美女の前で、痴話げんかを繰り広げる拓務とシノ。さらには惚れ薬という危険なブツまで持ち出され……まさに修羅場で一体どうなる甘々コメディ第二弾

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回は勤労の天使ルルフェルが登場し、シノと拓務の仲を引っ掻き回す―― というお話。

 

勤労の天使と怠惰の悪魔の因縁はなかなか深かったですね・・・(そうか?)
労働者の権利が徹底的に保証されたホワイト天使と、人を怠惰にさせるためなら手段を選ばないブラック悪魔。
ホワイトすぎてニート化するとか最高ですね。やっぱり天使がいちばん!

 

速攻で堕落させられていたけど。

 

敵がやってきた!というより、カモがやってきた!だったような??
拓務相手では発揮しきれていなかったシノさんの本領を見せつけられたような。

 

全然やる気がない天使のくせに、いっちょ前に修羅場だけは作っていくのが笑えました。
あらすじで「浮気者!」とか罵られてるけど、拓務のことだしただの誤解だろって思ってたのになぁ。
いや実際に誤解なんだけど、証拠隠滅を画策してるあたりは浮気男のメンタリティが無駄にリアルだった気がします。いや浮気男のメンタリティなんて知らんけど。

 

そんなハプニングがありつつも、1巻同様の甘々じれったい同棲ラブコメで楽しかったです。
拓務もだいぶシノさんに落ちてますよね。惚れ薬のシーンで口走ったことはかなり無意識の本音も混じっていたのでは?そろそろ素直になるか自覚すればいいのにぃ。
はやく二人揃って寿退職しよう!(拓務はブラックから転職、シノは・・・別にそのままでいいか)

 

そんな今回の拓務のセリフで一番好きなやつがこちら。

「え、では出費が倍・・・・・・?」

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。