真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました6 /ざっぽん



真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました6 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
冬はやっぱりモフモフよね・・・・・・
波乱だらけのイチャラブスローライフ(スローとは)第6弾。
今回からまた新展開に突入です。
飛び込んできた問題はさておき、主役カップルは相変わらずトロ甘にラブくて最高でした。

☆あらすじ☆
WEB版と異なる新規書きおろしストーリーで展開。人気作、待望の第6弾!
ヤランドララとの再会に喜んだのも束の間、謎の老婆ミストームに関わる因縁から大国の軍船、最強アサシンの襲来とゾルタンは未曾有の危機に直面する。
だが、襲撃者達は知らない。この地には世界最高峰の勇者達がいることを——。
卓越した英雄の力を発揮するレッドとルーティ、伝説の暗殺者と対峙するティセ、更にリットは加護の力で狼の知覚能力を宿らせて!?
「ほら、せっかくの機会だし狼リットちゃんに触れてみない?たまにはイチャイチャしましょ!」
騒乱巻き起こる辺境の地。しかし、決して侵されることのない二人の幸福は続いていく。
冬の夜、月光降り注ぐ大地の下でのんびり過ごす第6弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

突如ゾルタンの海上にあらわれた、ヴェロニア王国の王子がのった軍船。
武力をちらつかせて教会の教徒台帳をもとめる王子たちの真意を探るため、ルーティたちは動き始めるが―― という第6巻。

 

謎のおばあちゃんミストーム師の正体がついに判明しました。
すごい波乱万丈な人生・・・・・・ていうか、望まぬ政略結婚に向かう途中で海賊にさらわれた王女様が彼と一緒に下剋上を果たすとかどこの少女小説だ!?それ読みたいんですけど!!
まぁミストームの物語を少女小説として読んだらオチで心が死ぬんでしょうけれど。三度の流産の結果の追放とか鬱エンドすぎる・・・・・・
いえ、それはミストーム師の長い人生における一幕にすぎず、ゾルタンでの彼女は決して不幸ではないのですが。それだけは本当に救いですよね、この話。

 

ミストーム師の身柄をめぐるヴェロニア王国の騒動については今回で解決しませんでした。
というか、この問題にレッドたちはどこまで首を突っ込むことになるんだろう。
あとがきでは「本来の冒険ファンタジーではこういう展開だった」という説明がありましたが(それもまた王道で面白そうだった)、本作はあくまでスローライフ。
ゾルタンに降りかかる災禍さえ防げればOKなのだし、ということは海賊エルフ・リリンララを説得(?)するのがゴールになるんだろうか。気になります。

 

そのへんは次巻以降を待つとして。

 

追放王妃の物語で心が辛くなったぶんだけ、レッドとリットのイチャラブにすごく癒やされました。
狼リットかわいすぎる〜〜〜〜!!
表紙、よく見たらすごいポーズじゃない?(心が汚れてるからか?)とか思ってたんだけど、本編のこのシーンのイチャイチャっぷりは本当にけしからんかったですね!!
しっぽの感情表現ネタ大好き。ぶんぶん振るくらいゴキゲンなリット、めちゃくちゃ可愛いです。
本来そういう用途じゃない魔法をイチャイチャするのに流用して「俺たちだけの魔法・・・」とか悦に入ってるの、すごくバカップルっぽくて最高でした。

 

あとがきにあった王道冒険ファンタジーも心惹かれるけれど、やはりレッドとリットは辺境でのんびりイチャイチャしていてほしいな。
今回のゾルダンの窮地を救うために助力したレッドが商人ギルドに感謝されたシーンで、「ギデオンとして身につけた剣に対してではなく、純粋にゾルダンの薬屋レッドへの感謝だった」ことにレッドが感動しているくだりがとても印象的だったんですよね。
新しい人生が彼の中で根付いてきた感じがあって、とても心があたたかくなりました。

 

それだけにラストが不穏なんだけども。
むむむ「薬屋のレッド」が狙われるのか・・・・・・大丈夫かな。大丈夫そうだけど。大丈夫だといいな。

 

次巻も楽しみです!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。