運命の恋人らしいですが、全力でご遠慮致します /鬼頭香月



運命の恋人らしいですが、全力でご遠慮致します (フェアリーキス ピュア)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
激甘ッッッ!!いやほんとデロンデロンに甘い・・・!

「運命の恋人」の印を授かった、深窓の令嬢と初恋こじらせ王子。
様々な事情から全力で逃げようするヒロインと、運命を味方につけて全力で追いかけるヒーローの攻防を描いたラブコメファンタジーです。

糖分過多だよ〜〜〜〜ってくらい甘いラブコメで、丁度そういうのが欲しかった私にはすごく楽しいお話でした。
でも何度も何度も表紙を見返しては「これピュアだよね?ピンクじゃないよね?」と確認してしまった。
設定が際どくて笑っちゃうでしょ!常時○○状態じゃないか!

1冊で綺麗に終わっているし、スッキリと楽しめる良いラブコメでした。砂糖がぶがぶ飲みたい人におすすめ!

☆あらすじ☆
聖印伝説のために王太子ハーラルトと「運命の恋人」認定されてしまった侯爵令嬢のリリー。彼と深い愛の絆で結ばれていると言われ大混乱するものの、聖印のやっかいな副作用のせいで窮地に追い込まれて逃げるのもままならない。その上ハーラルトは何故か昔からリリーを知っているようで……「私は貴女との約束を守るつもりでいるんだよ」と意味深に優しく微笑まれ心乱れてしまう。しかし、リリーには聖印にまつわる人に言えない秘密があって!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

神が定めた恋人同士には、肌のどこかに聖印が浮かび上がる。
その聖印は恋人に触れて欲しい場所に浮かび上がり、聖印への口づけをもって運命の恋人として結ばれることになる。

聖印はめったに起こる奇跡ではないはずなのに、なぜか王太子ハートラルトに出会った直後、主人公リリーの肌に聖印が浮かび上がってしまった。

ハートラルトは緊張状態にある隣国との和平のため、隣国の姫君との政略結婚が噂される人物。
そんな彼と「運命の恋人」となれば父が進める外交政策がめちゃくちゃになるのではないか、と怯えるリリー。

しかもこの聖印、なぜかリリーの太ももの内側にあって――

 

いやぁ笑った。
深窓の令嬢で、おっとりのんびり系美少女。
そんなリリーに「内ももに口づけしてほしい」という願望があったんだよ、と言わんばかりの聖印の位置。
こんなの恥ずかしすぎて言えないでしょ!とめっちゃ笑いました。
聖印への口づけで恋人になるのに、恋人になる前に内ももにキスさせねばならないという。貴族令嬢だぞ!ドレスまくれってか!

 

そんな訳なので、怯える子うさぎのように震えながら逃げの一手を打つリリーの心境は理解できてしまいました。
父親の仕事をぶち壊すわけにもいかないし、自国の王子にドレスめくって内ももにキスしろって言うわけにもいかんし(聖印のことを明かすってそういうことだからね)、対人スキルが低いおっとり系少女にはちょっと刺激が強すぎる。

 

更にリリーに追い打ちをかけるのが、契約を急かすように起こる聖印の副作用。
片割れが離れていると相手のことで頭が埋め尽くされ、しかし近くに寄ると動悸息切れ発汗の症状が起こって平常心が保てない。
特に後者がやばいですよね。『餓え』状態の様子はかなりオブラートに包んで表現されていたけれど、それって要するに発情・・・・・・
いや、終盤はオブラートとかなかったですね。普通に「快感」とか「情欲」って書いてた。ピンクではないギリギリのピュア・・・(注:フェアリーキスでは「ピュア」が少女小説、「ピンク」が性描写ありのTL小説という区別があります)

 

もはや神様の悪ノリとフェチがやべぇって感じの状況ですが、これを千載一遇のチャンスと見て全力で乗っかっていくのが王太子ハートラルトです。
この王太子視点もまた面白かった。リリー視点だけだと初恋に頭が沸騰したやばい人にしか見えなかった気がします。
いやハートラルト視点でもハートラルトはヤバい人なんだけど、まだ可愛げと有能さが分かるからね・・・・・・

 

幼い頃に少しの時間を共に過ごし、そこで恋をしたリリーにずっと焦がれてきたハートラルト。
そんな彼が聖印による絶対の確信をもってリリーを追い詰めていく様子は、なんだかすごく生き生きとしていたように感じました。副作用に苦しむ姿は大変悩ましげだったけども。
基本的には我慢の人なのに(と言っても押し倒さない程度の理性)、我慢しきれずに本音がぼろぼろ出てるあたりも面白かったです。

 

主役カプの攻防は甘々で楽しかったんだけど、お父さんは本当に不憫だったな・・・・・・
ヒーローの見せ場だったとはいえ、なんとなく外交官としての出来の悪さみたいな印象を残して終わっちゃって。仕事できるのかできないのか微妙な感じだ。
隣国との関係や国内の派閥争いなどの要素は、リリーとハートラルトの関係を煽るスパイスとしては面白かったです。

 

ところでこの発情作用付き「聖印」を受けたとされる初代国王夫妻の話なんだけども、何週間も話し合ったって・・・・・・話し合った・・・?

 

あとがきによると、この設定でまた別の物語を作る構想もあるようなので楽しみに待ちたいと思います。

 

余談。電子版SSは完全にお医者さんごっこ。

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。