異世界迷宮の最深部を目指そう13 /割内タリサ


異世界迷宮の最深部を目指そう 13 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年1月刊。
めちゃめちゃ面白かった。シリーズ中、最も笑った巻なのは間違いありません。
ずっとニヤニヤしてたし最後の方はひたすら笑ってました。
マジでなんだこの茶番劇!最高かよ!
そしてライナー!君が私の最推しだ!これからも頑張れツッコミ体質の苦労人!!

☆あらすじ☆
――『再誕』する使命。
ジークを主とする騎士、ライナー・ヘルヴィルシャイン。それが僕の名前だ。
迷宮から一年の時を経て帰還し、再びフーズヤーズの騎士に戻った僕は、ラスティアラの密命を受け、任務に励んでいた。
内容は魔石人間に流れる『ティアラ様の血』の回収。その任務にも目処がつき、あとは『再誕』の儀を待つばかり。
だが、そんな僕の前にティアラを名乗る人物が現れる。
彼女は『ティアラ様の血』を全て僕に受け取って欲しいと言い始め――。
「君に『異世界迷宮』の『最深部』を目指して欲しい」
このフーズヤーズ十一番十字路から、僕は『プロローグ』へと歩み出す。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう13 /割内タリサ