―異能― /落葉沙夢


―異能― (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
第15回MF文庫Jライトノベル新人賞「審査員特別賞」受賞作。
面白かったです。というかコレは好きなやつだ!

とある街で繰り広げられる、異能を持つ少年少女のバトルロワイヤル。
なんというか「これぞ私が待ち続けていた現代伝奇!」って感じでした。こういうの読みたかったんだよ〜〜〜

世間の「裏側」で主人公たちが異能を使って色々やって、それが警察や市民などの「表側」の人々から謎多き怪奇事件として扱われる、みたいなやつ。
良いよね。そういうの大好きなんですよ。私の需要にがっちりハマッた作品でした。
1冊で綺麗に終わっているところも良かった。次回作も楽しみです。

☆あらすじ☆
この世界には確実に主人公側の特別な人間がいる。でも、それは僕じゃない。
自分の凡庸さを自覚している大迫祐樹(おおさこゆうき)には、成績優秀で野球部エースの赤根凜空(あかねりく)と学校一可愛い月摘知海(るつみちひろ)という友人がいる。二人は誰が見てもお似合いで、自分は間を取り持つモブキャラなのだ、と認識する大迫だが、なぜか月摘と2人で映画に行くことになってしまう。「デートだね」とはにかむ月摘に戸惑いながら帰宅した大迫の前に、見知らぬ少年が現れて問う。「君の願いは、なにかな?」それは異能を秘めたモノたちへのバトルロワイヤルへの招待だった。「僕……の中にも異能があるのか?」しかしそれすらも「完全な勘違い」だったのかもしれない——!!
予想を覆す怒濤の展開。審査員評が完全に割れた事件的怪作、刊行。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ―異能― /落葉沙夢