隣のキミであたまがいっぱい。 /城崎



隣のキミであたまがいっぱい。 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年1月刊。
人の考えていることが分かる少女と、彼女の能力を自分限定にしてしまう少年。
べったりなのに微妙に距離がある二人の日常を描く甘酸っぱい青春ラブコメディです。
設定とキャラはめっちゃ好き。
特に主人公の無自覚な優しさと、ヒロインの小悪魔ぶりが良いんです。魅力的なカップル。
ただ、SS集みたいな構成で、1冊の物語としては起伏に乏しいんですよね。無いわけじゃないんだけども、期待したほどではないというか。
うーん、これは評価悩むなぁ。。。
とりあえず次巻が出れば間違いなく読むと思います。

☆あらすじ☆
私、あなたの隣にいることに決めました! よろしくお願いしますね?
同じクラスになった如月は、『他人の思考が読めてしまう』らしい。
この『読めてしまう』と『読める』の差は大きく、自分の意思にかかわらず常に他人の考えていることが聞こえてくるのには、彼女もうんざりしているという。
まあだからといって同情はするが、俺に出来ることなんてない。
そう思っていたんだが……。
どうやら俺の隣にいると、彼女の力は俺だけに限定されて、静かで落ち着くらしい。
だからって、距離感おかしくないか!?
いやべつに、俺は美少女がそばにいるからって、ドキドキなんかしていないから!!
——そう、今日もまた俺は彼女に思考を読まれている。

以下、ネタバレありの感想です。

 

人の考えが読めるという力が周囲に知れ渡り、憧憬と同時に畏怖される美少女・如月那緒
そんな彼女は、クラスメイトの宇佐美北斗の半径2メートル以内にいれば、周囲の心の声は遮断され、彼の心しかわからなくなるということに気づく。
その居心地の良さに惹かれた那緒は、北斗に付きまとうようになり―― というお話。

 

冒頭の那緒視点がすごく好きです。
「しばらくの間になるかもしれないけれど、私は、彼が主人公である人生という名の物語のヒロインになることを決意しました。」という一文。
この時点では那緒自身にそれほど自覚がないんだけど、この一文に至るまでの一目惚れっぽい雰囲気がすごく可愛くて。
このプロローグの那緒視点ってまさに「隣のキミであたまがいっぱい」になっていく様子が鮮やかなんですよね。本当にすごく良い掴みだった。

 

で、そこから始まるのは、那緒に付きまとわれて辟易とした様子の北斗と、そんな態度では隠せないほどの優しさが伝わる彼にニマニマとした様子の那緒の日常。
もうねー、この二人の関係すっごく可愛かった。
四六時中べったり一緒なのに、付き合ってはいない。本人たちもそのつもりがない。
でも北斗が那緒に向ける気持ちは少しずつ変わっていくし、那緒もまた北斗に向ける好意がわかりやすくなっていくんです。
すごく甘酸っぱくて最高でした。こういう恋人未満な距離感が一番読んでて楽しい(笑)

 

北斗のキャラがまた良いんですよね。
自分の非をすぐに認めて「ごめんなさい」って素直に謝るところ、私的にかなりポイント高い。
「すまん」じゃなくて「ごめんなさい」なのが良い。育ちの良さと誠実さがみえる。
あと、異能を抱えた那緒の心境を理解しようと、家の中でいろんな音を一斉に出してみるシーンが特に好きです。
こういうことを自然にできる人なんですよね。相手の身になって考えることができる人。気負ったところのない優しさがとても素敵でした。
というか四六時中思考を読まれてるのに、そこはあまり気にせず、那緒の胸中の方を心配するってどれだけお人好しなんだ・・・・・・。

 

那緒は可愛いし、北斗は格好良いし、こんなカップル未満の日常物語が楽しくないわけがなく。
プールや花火大会に遊びに行ったり、写生大会や文化祭で一緒につるんだり、ずっとべったり一緒にいるのに話すことも尽きずに楽しそうな二人の姿に、見ているこちらも楽しくなるんです。
それでいて、異能をもった那緒の抱える孤独や疎外感の大きさが物語に頻繁に影を落とすので、そこがまた刺激的なスパイスになっていたと思います。

 

とは言え。

 

最初に書いたように、1冊の小説として見れば、物語に起伏が足りないことも否めない。
掌編を連ねていくような作品なので、私の要求が的外れなのかもしれませんが、これはもう書籍という媒体に対する好みの問題なので如何ともし難い。
WEBでだらーっと読んだ方が素直に「楽しかった!」で終われた気がします(でも書籍版のイラストめっちゃ良いから、これを外すのは寂しい)

 

むーーーーーーーん。
なんか自分で書いていて難癖みたいになってるのがすごく嫌だし申し訳ない。
でも続きが出たら絶対に買います。日々の癒やしとなるシリーズになってくれるといいなぁ。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。