雲神様の箱 /円堂豆子


雲神様の箱 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
面白かった!
古代日本を舞台にしたファンタジーというと『勾玉三部作』や『銀の海 金の大地』を思い出す私ですが、それらの作品と並べて語りたくなる魅力的な古代ファンタジーだと思います。

朝廷から生命を狙われる、聡明で可能性に満ちた若き王。
災いの子として忌まれ育った、神秘の一族の孤独な少女。
二人の出会いは、古代世界を揺るがす壮大な物語へと変貌していくことでしょう。そんな予感に高揚する第1巻でした。

だがしかし、面白いけど怖い話だとも思う。
この男を信じてもいいの?と何度も自問する主人公の姿に不安が煽られるんですよね。
悪い男に騙されてる女にしか見えないよ〜〜〜怖いよ〜〜〜その男について行った先に待つ未来が怖いよう!

続きがとても楽しみです!

☆あらすじ☆
異能の少女と若き王の反逆の旅路——壮大な古代日本ファンタジー誕生!
薬毒に長け、どの地の支配も受けず霊山を移り住む古の民、土雲の一族。一族の少女・セイレンはある日、『山をおり、雄日子(おひこ)という若王の守り人となれ』と里を追い出される。双子の妹という出自ゆえ「災いの子」とされてきた彼女は、本来求められた姉媛(あねひめ)の身代わりにされたのだ。
怒りと孤独を抱え里を飛び出したセイレン。しかし、類い稀な技を持つ彼女と、大王への叛逆を目論む雄日子の予期せぬ邂逅は、倭国の歴史を大きく変える運命の出会いとなるのだった……!
第4回カクヨムWeb小説コンテスト、キャラクター文芸部門特別賞受賞!
古代日本の美しい風景、豪族たちの渦巻く野望、そして『土雲の一族』というファンタジー要素が融合し、胸躍る壮大な物語が誕生したーー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 雲神様の箱 /円堂豆子