天才少女Aと告白するノベルゲーム /三田千恵


天才少女Aと告白するノベルゲーム (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年12月刊。
高校でゲーム制作を行う少年少女。
彼らのもとに届いた1本のノベルゲームが、彼らの過去を暴いていく―― という学園ミステリー。
青春ミステリーとして面白かったです。
「もしもあの日、こういう選択をしていたら」という、誰もが思うifをゲームの形であぶり出す構成がよかったし、そこから再び人間関係を修復していく物語には青春を感じました。
個人的には引っかかる箇所もあったけれど、仲間たちの物語としては良かったと思います。

☆あらすじ☆
バッドエンドの先は優しく、せつない——。
大好きなフリーゲーム制作者Aに会うため、桜山学園ゲーム制作部に入った水谷湊。しかしAと思われる部長の菖蒲は不登校になっていた。彼女の幼馴染みで学園きっての変わり者由井と、菖蒲が学校に来るよう企画をたてるも不発に終わってしまう。大人しくゲーム作りに励む湊のもとに、ひとつのノベルゲームが送られてきた。『バッドエンドを探せ』と題されたゲームには菖蒲と部員のトラブルが綴られてゆく。これは告発? それとも——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天才少女Aと告白するノベルゲーム /三田千恵