むしめづる姫宮さん2 /手代木正太郎



むしめづる姫宮さん 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
コミュニケーション能力に難ありな少年少女が送る、虫と青春の物語第2弾。
今回もとても面白かったです。
奥深く侮りがたい虫の生態も、それを模して描かれる少年少女の思春期も、どちらも読み応え抜群。
卑屈でちっさい主人公が少しずつ成長していく物語としても楽しいので、ぜひ3巻に続きますように!

☆あらすじ☆
やりたい事。友達の事。そして星は輝いて。
姫宮凪には、友達がいない。
それは、自分を恥ずかしい人間と思っているから。
有吉羽汰には、友達がいない。
それは、人に与える何かを持っていないと思っているから。
でも、本当にそうなのかな。
ふたりは、ふたりにしか出せない光を持っている。
ある日クラスから孤立したギャル。
やる気が持続しない女子サッカー部員。
そして、夜にひとり、星と会話する少女。
虫を引き寄せる少年少女たちの悩みが、彼らをちょっぴり大人にしていく。
少しの背伸びが、いずれ背伸びじゃなくなるように――。
星降る夜におくる、ヒトと虫の魂が織りなす、とある青春の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

 

前巻で少しは成長したと思いきや、人はそう簡単には変われないものらしく。
相変わらず人間的なちっちゃさを垂れ流している主人公に苦笑いが止まりません・・・!

とは言え、そこがまた彼の愛嬌でもあって。

羽汰とか姫宮の「友達」認定へのハードルの高さに笑ってしまうんだけど、それって安易に人を受け入れて傷つきたくないって事だよなぁと共感できる部分があって。
むしろ彼らの方が「友達」という言葉に対して幻想と理想を抱いてる感じがあるんですよね。うん、やはりこの主人公たち可愛いぞ。

 

それはさておき。

 

友達認定がきつくて簡単に他人に心を開かない、そんな自分と同じ存在だと(羽汰が勝手に)思っていた姫宮が、実は羽汰の知らない場所で別の人と繋がりを持っていた――というのが今回のお話。

 

「人に憑いた虫の魂」が引き起こすトラブルに首を突っ込みつつ、他人と自分のつながりについて考えていく羽汰。
新キャラの美術教師の言葉がいいですよね。「同じ」を求めるなってやつ。
同じって心地良いからなぁ。

羽汰が「自分と同じ姫宮」を勝手に解釈して決めつけていく一方で、姫宮は全く趣味嗜好が「違う」少女と仲良くなっていく対比がとても印象的でした。
虫の話と星の話を交互にしてツンツンしながらも仲良さそうに一緒にいる少女たちと、姫宮に聞かれても巧妙に話題をそらすくせに「あいつは部活なんてやらない」とか勝手に代弁する羽汰。うわぁーってなる。
羽汰の理解者きどりが痛いのなんのって・・・・・・

でもそこからの展開が良いんですよ。
そもそも人と人は違うのだから、同じだから一緒にいるのではなく、一緒にいたいから一緒にいればいい。
それぞれがそれぞれに生きるなかで、ふとした瞬間に呼吸が合うから、人といるのは楽しいし、面白いのかもしれない。

羽汰が「自分と同じ姫宮」に依存するのではなく、彼女に置いていかれないために、自分で自分の道を探そうと歩み始めるラストシーンはとても素敵でした。あれこそが青春だと思った。
頑張れよ!と素直に応援したくなる主人公は良いものです。

 

それにしても、津波の話は読んでいて本当に辛い。
「津波てんでんこ」という言葉の重みが・・・・・・
「生命を守る行動をとってください」と台風のニュースなどで良く聞くけれど、それよりも強い切実さを感じるのが怖い。
今回は、この教訓を「どうせ人は究極的にはひとり」みたいな受け取り方をして虫に憑かれた少女の話だったわけだけど、あんな目にあったら心に傷を負うのも仕方ないって思ってしまう。
それでもホタルに憑かれた彼女を見ていると、あの言葉は、各自が必死に命を繋げた先で、生きてもう一度会うために必要な言葉なんだろうと思えました。
人からはぐれても、生きてさえいれば、誰かを求めて光ることができるのだから。

 

そんな思春期の少年少女のドラマの中で、今回も熱く丁寧に語られていく虫の生態。相変わらず読み応え抜群です。
怖い寄生虫の話かと思いきや持ちつ持たれつの話だったり、優美なホタルの話かと思いきや恐ろしい捕食者の話だったり。
青春ドラマの展開にあわせて少しずつ虫の生態を掘り下げていくところ、やっぱり良くできた構成だと思うんですよね。
ちなみに最初のハナカマキリ以外はググりませんでした。怖い画像でてきたらどうしようってビビッてしまった。

 

虫は苦手ですが、虫の生態の話は楽しいです。もっと読みたい。3巻も出ますように!(祈)

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。