竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― /筑紫一明


竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
発売前から褐色美少女イラストで話題になっていたGA文庫の最新作。
これは良いファンタジーですね!
師を亡くした魔法杖職人見習いの青年と、彼に杖の修理依頼を持ち込んできた東方の少女。
修理のための素材を探すなかで、二人は伝説上の存在である「竜」の秘密に迫っていきます。
非常に落ち着いた空気のなか、心情描写の繊細さが光る作品でした。
世界観に奥行きをもたせつつ、1冊で綺麗に話をまとめているところも好み。
ぜひシリーズ化してほしいです。

☆あらすじ☆
魔法杖と、消えた竜。その心臓を探し出せ。
「この杖、直してもらいます!」
半人前の魔法杖職人であるイクスは、師の遺言により、ユーイという少女の杖を修理することになる。
魔法の杖は、持ち主に合わせて作られるため千差万別。とくに伝説の職人であった師匠が手がけたユーイの杖は特別で、見たこともない材料で作られていた。
未知の素材に悪戦苦闘するイクスだったが、ユーイや姉弟子のモルナたちの助けを借り、なんとか破損していた芯材の特定に成功する。それは、竜の心臓。しかし、この世界で、竜は1000年以上前に絶滅していた――。
定められた修理期限は夏の終わりまで。一本の杖をめぐり、失われた竜を求める物語が始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― /筑紫一明