父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。2 /松浦



父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 2 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年6月刊。
精霊一家と王家の確執が続く第2弾。
主人公がめちゃめちゃ世界に愛されているのだけど、不憫に惹かれる私はみそっかす扱いの子の方に目が行ってしまいました。

☆あらすじ☆
領地のために「薬」を作って大混乱! 私は狙われているらしいのです!?
どうも、転生して元素の精霊になりましたエレンです。とーさまと一緒におじさまの領地経営を手伝いながら、この世界初の「薬」を作ったところ、それが原因で国をあげての大混乱! 薬を狙って誘拐事件が勃発です!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

領地経営に関わるようになったエレンたち精霊一家。
そこで鉱山を視察したところ、鉱夫たちを苦しめる塵肺などの病の存在を知る。
エレンは彼らの窮地を救おうと、研究者だった前世の知識と元素の精霊としての力を駆使し、新薬を開発するが、それを知った王家がまた暗躍を始め―― という第2弾。

 

文明的に早すぎる薬を作ったことで混乱が起こる話で、王家とエレンたちの腹黒な攻防は面白かったです。
エレンの報復がなかなか怖い。でもまぁこれくらいしないと王家相手に平穏を勝ち取れないか。

 

そういえば今回の騒動の結果、エレンとガディエル王子との間に何やら芽生えそうな雰囲気がなきにしもあらずですが、王家と精霊の間の溝は深く、このへんの人間関係がどう動くのかは未だ読めないところがあります。

 

それはさておき、今回とても気になったのはエレンの従姉妹であるラフィリアの存在。

 

もうさぁ、めちゃくちゃ可哀想じゃないです?
ある日突然平民から貴族の仲間入りをさせられ(しかも公爵家の世継ぎ!)、生活環境が一変したにもかかわらず、父は相変わらず放任&不在で、母はアル中を悪化させている。
母のせいで公爵家からの扱いは冷たいのに、当の本人はその原因を知らないまま蔑視だけ向けられる。

 

これはグレるよ・・・・・・なにが「最近娘が反抗期で・・・」だよ!
よく苦悩する父親ヅラできるね!?前巻では作中一番可哀想な人だと思ったけれど、撤回します。一番の被害者は娘だ!

 

しかもエレンと王家の対立のとばっちりで誘拐されてるし。
それすら「お前が貴族の自覚なく王子との手紙をバラすから!」とか怒られるし。
あの放任具合で貴族としての自覚がどうのとか言われましても。元が平民なんだから実感を持てという方が無理があるのでは・・・・・・家族(?)との間に信頼関係すらないのにさ。
祖母のイザベラですらエレンとの扱いに差がありすぎて、正直ドン引きしてしまった。

 

可哀想。あまりにも可哀想。

 

救出時にエレンに文句ぶちまけて発育でマウントとって泣かせてたいたけど、あれくらい許してやってよ。
それをなんでパパと護衛が反撃してるの・・・・・・こんなの子どもの喧嘩でしょ・・・・・・この過保護は引く・・・・・・

 

エレンはみんなに愛されて大事に守られてるので、誰からも顧みられないラフィリアとの対比が余計に残酷なんです。
サウヴェルは本当に改心するのか?疑わしいなぁ。

 

こうなると私はラフィリアに「強く生きろよ・・・!」とエールを送りたくなるのだけど、大丈夫でしょうか。グレて悪女ルートに突き進まないだろうか。心配だなぁ、もう(たぶんこのシリーズの楽しみ方はそこではない)

 

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。