キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦8 /細音啓


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 8 (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
好敵手として戦場で出会い、惹かれ合う最強同士の波乱を描くファンタジー第8弾。
物語が新たな局面へと突入しました。盛り上がってきたなぁ!

☆あらすじ☆
魔女の楽園の崩壊で、新たな始祖の血脈たちが動き出す!
魔女狩りの夜が明け、混乱の責任を問われ政権が大きく揺らぐ中、女王代理であるアリスは、シスベル奪還をイスカに託す。イスカもまた自分たちの目的のため、ヒュドラ家の研究施設『雪と太陽』への潜入を試みる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦8 /細音啓