異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵


異人館画廊 透明な絵と堕天使の誘惑 (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
人を狂わせる図像術を用いた絵画。
現代では失われた技術を研究する少女と、彼女を見守る画商の青年。
微妙な距離感にある二人と、様々な技能を持つ仲間たちが、図像術にまつわる謎に挑む絵画ミステリー第6弾。
なにげに2年ぶりの新刊です。
待ちに待ったシリーズ。ようやく色々と動きが――!

☆あらすじ☆
千景のもとに「―もうすぐ僕は、絵を完成させる。見た人を不幸にする絵だ…」と脅迫めいた手紙が届いた。消えた図像術の研究者、有名な心霊スポット「切山荘」、四つの絵…点と点が線となり、やがて千景の過去へと繋がっていく。誘われるように、自らの失った記憶に向き合おうとする千景を透磨は案じ、守ろうと二人の距離は近づいて―?
待望の第六弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵