京都府警あやかし課の事件簿3 清水寺と弁慶の亡霊 /天花寺さやか



京都府警あやかし課の事件簿 3 清水寺と弁慶の亡霊 (PHP文芸文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
現代の京都を舞台に、あやかし専門の警察チームが大活躍するお仕事ファンタジー第3弾。
今回は清水寺での集団戦を描くド派手なアクションが見どころでした。すごく楽しかった!
主人公の成長と恋の行方も楽しみな本作。まだまだ楽しませてくれそうです。

ちなみに、「アニメ化してほしいライトノベル・小説19下期」というアンケートで『薬屋のひとりごと』『86-エイティシックス-』に次ぐ第3位にランクインしたそうです。めでたい!
袴姿に刀を装備して京都の街を駆け抜ける『あやかし課』はアニメ映え間違いなし。本当に実現したらいいのになぁ。

公式PVもあるよ!

☆あらすじ☆
第七回京都本大賞受賞で話題のあやかし警察小説シリーズ、待望の第三弾!
伝説の太刀に封印されし「亡霊」が放たれた時、清水寺での激闘が幕を開ける――。
化け物や神仏に関する事件を専門に扱う警察組織「京都府警あやかし課」の隊員・古賀大のもとに、ある大男が現れた。その男の正体は、源義経に仕えたかの有名な豪傑「弁慶」。謎の僧兵集団に追われる弁慶の警護を請け負った大達だったが、その過程で『義経記』の裏に隠された衝撃の事実が明らかとなって……。大達は、強大な敵から弁慶を守り切れるのか?
今冬一番熱いお仕事現代ファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

 

あっ、表紙のイケメン、まさるくんだ!!
まさるくん、もしかして3巻が初めての顔出しなのでは??(記憶違いならすまん)
PVではちょっと猿の雰囲気があるイケメンの正面顔も見れますね。
こんな格好良い子が塔太郎さんに全力で懐いてることを思うとニマニマしちゃう・・・笑

 

さて、そんな嬉しいイラスト公開から始まった第3巻のトップを飾るエピソード。
セクハラ判定ギリギリをせめる気ままな辰巳の旦那様に笑いました。この狸、神様だと思って自由すぎる。

記憶喪失のあやかしと共に巡る、京都の「水」のお話。
そんな美味しそうに飲まれると、ちょっと飲み比べをしてみたくなるじゃないですか。名水巡り楽しそう。

このお話、あやかしの三角関係に切なくなってしまったのだけど、動かないことで守れる関係なのだと、受け入れる心こそ尊いと思う。
時間が全てを穏やかに解決してくれること祈るばかりです。

ああ、でも大ちゃんに見習ってほしいわけでは・・・・・・いや、今が時期尚早という友達の意見は正論オブ正論なんだけども!

 

刀、折れるの!?!?!?!?

武器なんだから戦いで消耗するのも当然でしょうけど、なぜか意外だった武器破壊&交換回。
ねじまがった愛刀を前にしょんぼりする大ちゃんが不憫。
そりゃまさるくんも怒るよ!それで叱られてるのもやっぱり不憫。
お巡りさんが私情で暴力をふるうのはアウトなので、お説教は仕方ないんですけどね(その後のフォローが優しくてよかった)

そこからの修行回ですよ、修行回。
いいねー!攻撃に技名がつくと一気にテンションがあがるオタクな私です。
戦闘をまさる任せではなくなってきた大ちゃん。今後は状況に応じて2つの姿を使い分けていくことになるのかな。楽しみです。

それにしても同期の総代くん、にわかに存在感が増してきましたね。
簡易トイレのひとで覚えちゃったんだけど、大ちゃんと塔太郎さんの関係における当て馬になるのでしょうか。期待しようかな(笑)

 

やっぱり総代くん、当て馬なのでは????
初お披露目の相手をとられて拗ねる塔太郎さんが可愛い。
このエピソードはタイトル通りの日常回でした。京都のお祭り、行ってみたいんだよなぁ。
一時期近くに住んでいたことだってあるのに、ああいうイベントに全く参加したことがないんですよね(人混み嫌いマンだから・・・)

 

今回のメインディッシュ!

武蔵坊弁慶と、彼を狙う謎の僧兵。そして利用されてしまった不遇の少女――
そして清水寺を舞台にした700の僧兵VS京都府警あやかし課の集団戦!

いやぁ〜〜、めちゃめちゃ楽しかったです。
大⇔まさるの変身アクションも決まってたし、塔太郎さんも竜に变化してピンチを脱出したり、他のメンバーも協力し合ってのちゃんばらちゃんばら。
清水寺周辺一帯を縦横無尽に駆け巡る派手なアクションはとても面白かったです。
ピリピリした緊張感からの、スパッと爽快な決着でとてもスッキリしました。

父親に愛されず、自分へのコンプレックスにも苦しむ少女・詩音の成長物語としても読み応えあり。
わかりやすい力だけを求め、世を恨んで生きていくとどうなるのか。
まさか弁慶の黒歴史が現代JSの反面教師になるとは(笑)
優しさこそ強さなのだと思える子は、どうか幸せになってほしいなぁ。父ともうまくいくといいのだけど。

 

激戦の舞台となった清水寺にも日常が戻り、傷ついたあやかし課もしばしの休養。
次なる戦いは何が待つのでしょうか。
大ちゃんと塔太郎さんの恋も、ゆっくりでいいから少しずつ進展していくと嬉しいな。
次巻もとても楽しみです。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。