転生先で捨てられたので、もふもふ達とお料理します~お飾り王妃はマイペースに最強です~/ 桜井悠



転生先で捨てられたので、もふもふ達とお料理します~お飾り王妃はマイペースに最強です~(1) (Mノベルスf)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★☆☆☆
2019年12月刊。
酷いです。商業書籍として、これはない。
内容が悪いわけではないし、凪かすみさんのイラストは眼福(だから★1にはしない)
でも私が読んだ電子書籍版は校正のミスが多すぎました。紙書籍は未確認です。
Twitterでキレ散らかしたので、さらに感想記事を出すかどうか迷ったのだけど、個人的には色々と学びを得られる作品だったので(内容のことではない)、自分用の記録として残しておきます。

☆あらすじ☆
王太子に婚約破棄され捨てられた瞬間、公爵令嬢レティーシアは料理好きOLだった前世を思い出す。国外追放も同然に女嫌いで有名な銀狼王グレンリードの元へお飾りの王妃として赴くことになった彼女は、もふもふ達に囲まれた離宮で、マイペースな毎日を過ごす。だがある日、美しい銀の狼と出会い餌付けして以来、グレンリードの態度が徐々に変化していき……。
コミカライズ決定! 料理を愛する悪役令嬢のもふもふスローライフ、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

異世界転生者である公爵令嬢レティーシア
ぼんくら王子に理不尽な婚約破棄・国外追放を宣告されたレティーシアは、女嫌いと噂の他国の国王・グレンリードと表面上の政略結婚をすることになる―― という、婚約破棄・政略結婚モノである本作。

魔法と知識を駆使して異世界でケーキを作ったり、グレンリードのお妃候補とバトったり。
転生チートと元王太子妃候補として鍛えた自分自身をたよりに、アウェイでも気ままに生きるレティーシアの日常を描いていきます。

 

個人的にはラブコメパートが結構良かった。

銀狼の正体が疎遠な夫とは知らずに、可愛いもふもふとして親密に交流するレティーシア。
自分の正体を知らないお飾りの妻に、ペットのように愛玩され満更でもないグレンリード。

という二重生活ラブコメ?変身ラブコメ?みたいな部分が面白い作品でした。
らんま1/2の良牙を思い出した。こういう系のラブコメって何ていうんだろう。好きな設定です。

 

とはいえ、レティーシアとグレンリードの関係はまだそんなに動きがないし、終盤のケーキ盗作騒動も1巻のクライマックスとしては物足りなさがあり(悪役の格落ち感・・・)、全体的に序章っぽいなぁと感じた1巻でした。

 

ただ、内容に関しては通常よりキツい目で見てる自覚はあるんですよね。
読んでいてずっとイライラモヤモヤしてたので。

 

だってこれ校正ミスがひどいよ!

 

「ほど度」って何だよと思ったら、「程度」の校正ミスだったり。
「膿をだす」という言葉にわざわざ「のう」ってフリガナ振ってたり。
「じくじくたる思い」も本当になんなの・・・・・・

 

「ほど度」についてTwitterで呟いたら、「校正者が「程」を「ほど」に開くよう統一するため全置換したのではないか」と教えていただきました。なんでも業界では結構よくあるミスらしい。
でもね、そんな一括処理するなら不具合が起きてないか最終確認しません?仕事が雑すぎてびっくりした。

まぁこの後、小説の制作手順や、校正会社を初校しかいれない経費削減テクとか、作家さんたちの校正ミスおもしろエピソードを教えてもらったりして、それはそれで楽しかったのだけど。

 

でも私嫌いなんですよ、誤字が多い本。
あまり目ざとい方ではないけれど、一度「これは誤字が多い本だ」って認識したらもうダメ。
普段よりも身構えて読むせいか誤字が目につき、なんだか粗探ししてる気分になって落ち着かないんです。内容もうまく頭に入らないし。
しかも今回は「ほど度」って何度も出てくるし。出てくる度に「またかよ」って集中が切れる。最悪だった。

 

著者の方には同情しますけど、Mノベルスにはがっかりしました。
凪かすみさんの美少女・美青年・可愛いもふもふのイラストは素晴らしかったです。そこだけは買ってよかったと言える。
本文に関しては「程度」と書いてるWEB版を読んだほうが良かったかもな・・・・・・

 

2020年1月4日追記。
誤字が修正されたファイルのアップデートがきていました。

これから読む方は大丈夫だと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。