吸血鬼に天国はない2 /周藤蓮


吸血鬼に天国はない(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年12月刊。
怪物に恋をした男の運命は、滑稽に空回り、必死に走って、一体どこへ向かうのか。
人と、人でないもの。それらが共に生きるために必要なことを確認する第2巻でした。
人外恋愛は種族間の断絶が深ければ深いほど盛り上がる私がいます。
人外とそう簡単に分かりあえると思う?って無邪気に刺してくる話だと更に良い。
その点、今回は最っっっ高でした・・・!
シーモアの苦悩も、ルーミーの絶望も、二人が選んだ結末も、全てが好きです。本当によかった。

☆あらすじ☆
生き延びた先に待つのは、恋と地獄。そして姿を現す『吸血鬼狩り』。
「「ハッピーニューイヤー」」
降りしきる雪とともに訪れた新年。吸血鬼ルーミーを因縁と陰謀の中から救い出し、日常へと回帰したシーモア。騒々しい運び屋仕事の中で、二人はぎこちなくも幸福な日々を送っていた。
だがそんな日常も長くは続かない。
マフィアに追われ、逃げ込んできた双子のバーズアイ姉妹。人を傷つけないと誓ったことによって、徐々に迫り来るルーミーの飢えの限界。
緩やかに、しかし確かに平穏の終わりが近づく中で、シーモアたちの前に姿を表す最悪の敵『吸血鬼狩り』。
選び取った幸福の中で、シーモアは更なる決断を求められることになる。
人と人ならざるものの恋物語、第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼に天国はない2 /周藤蓮