転生したら武闘派令嬢!? 恋しなきゃ死んじゃうなんで無理ゲーです1 /きゃる



転生したら武闘派令嬢!?~恋しなきゃ死んじゃうなんて無理ゲーです : 1 (Mノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
乙女ゲームのヒロインに転生した恋を知らない元ヤンが、キラキラした男どもを相手に悪戦苦闘を繰り広げるラブコメディ。
「ゲームヒロイン」である彼女は、デッドエンドを回避するために恋をしなければいけない。
けれど本人が鈍すぎるあまりに恋愛フラグがとても遠い。そういう可笑しみを楽しむ作品だと思います。
ヤンデレヤンデレと言う割に、私が求めるタイプのヤンデレはいなかったのが少し惜しい。これから病むのかな?

☆あらすじ☆
趣味はバイク、特技はケンカ、苦手なものは恋愛という硬派な元ヤンキーのあたしは、恋しなければ死んでしまうヤンデレ系乙女ゲームのヒロインに転生したらしい。いくら転生後の姿が儚げで美しくてナイスバディでも、恋愛初心者の元ヤンに恋をしろだなんて……無理ゲーすぎる(涙)ゲームが始まらないように、攻略対象である、執着系の王太子、鬼畜系の義兄、束縛系の王弟、二重人格の近衛騎士の4人には近づかないようにしていたのだけれど――。
「小説家になろう」発!ヤンデレという名の濃厚溺愛ラブコメディ、遂に書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

 

ヤンデレ系乙女ゲーム「夜明けの薔薇(アルバローザ)」のヒロインに転生した、伯爵令嬢セリーナ
彼女の前世はレディースの特攻隊長を務めた喧嘩自慢の元ヤンキー。
リアルの恋愛にも乙女ゲームにも縁がなかったセリーナは、同じく日本からの転生者である侍女のコレットに自分の運命を教えられます。
コレット曰く、セリーナが攻略対象である4人のヤンデレの誰かと恋をしなければ、バッドエンドで死亡するとのこと。
最初は信じていなかったセリーナも、攻略対象と次々に出会うなかで徐々に焦りを募らせていくことになりーー

 

そんなわけで、本作は伯爵令嬢の皮をかぶった元ヤンのラブコメです。

このセリーナのキャラクターは面白かったです。
最初のヤンキー座りとか好きでした。なるほど、ドレスのなかにうまく足を隠せば外からじゃ分からないよな(本当か?)目からウロコな発想でした。
そして「なっ・・・・・・移動?」に笑ったw ヤンキーそういう動き方するイメージあるわww

 

また、喧嘩自慢の武闘派ヤンキーであるセリーナは、どんな窮地でも果敢なアクションを繰り広げていきます。
武闘派ヒロインも好きです。セリーナの口の悪さが文章に勢いを生み、アクションシーンはとても楽しく読めました。
しかしドレスは毎回ズタボロだな・・・・・・

 

戦うシーンでは生き生きしているのに、恋愛パートになると途端に鈍感ポンコツ化するセリーナ。
ちょっとトボけ方わざとらしいような気もしたけれど、まぁ前世も今世も恋に縁がなかったのであれば仕方ないのか?
彼女を巡る男たちの意味深な言動に対し、ことごとく斜め上の受け止め方をするんですよね。
楽しいといえば楽しいけれど、話は進みません。恋愛フラグが果てしなく遠い・・・!

 

恋愛フラグは遠いものの、4人のうち王太子ヴァンフリードが一歩先を行っている印象を受けました。
あとは義兄オーロフの「スキンシップ」が気になるものの、うーん、セリーナのこの頭では「義兄」を恋愛対象にすること自体が無理ゲーな気がする。彼女は真っ当に健全な感性の持ち主なので。

 

ところで、登場する4人のヒーローはそれぞれ執着系、鬼畜系、束縛系、二重人格という属性持ちのヤンデレらしいのだけど、現状ではあまりヤンデレみを感じませんでした。
私はとても厳しいので(?)、執着と溺愛だけではヤンデレ認定致しません。
でもまぁセリーナがあまりにも思わせぶりな言動を無自覚に振りまいてるので、焦らされたあげくに病みそうな気配はあるので、そこらへんに期待したいところ。義兄はもっと病まないかなー、病みそうなんだけどなー。

 

連続令嬢誘拐事件を通し、一応の面通しを済ませたセリーナとヒーローたち。
男たちがバチバチと牽制しあっていますが、私はデッドエンドに怯えたセリーナの最終結論が好きです。脳筋だ!笑

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。