聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 /新山サホ



【電子限定版】聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
転生して聖女候補となった少女が、前世の因縁を乗り越えて自由に生きようとするファンタジー第3弾。
完結巻です。綺麗にまとめて終わっているし、とても満足できました。
しかし最後は思わず吹き出してしまうセリフや展開が多かったなぁ。この作品のギャグパート好きだ。

☆あらすじ☆
前世で不幸な死を遂げ、今度こそ好きに生きると決めた転生者のリズ。聖女になるための最終選定の最中、再びリズを前世の因縁が襲う。だが、誤解が解けぬまま一人で死んだ前世と違い、王太子キーファ、神官ロイド、他の候補者たちの存在を力に、黒幕へと迫る。
とうとう五百年前から続く因縁を断ち切ることができるのか!?
「必ず、ここで終わらせてみせる」
聖女を目指す彼女が、最後に掴むものは――。
リズ達の“その後”のストーリーも4万字を超える大幅書き下ろしで収録。爽快ファンタジー第三弾、待望の開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

前世からリズと因縁のある公爵と、現聖女と因縁のある偽聖女。
二人の敵との決着に挑む最終巻です。

 

両陣営共に互いの裏を読み合う駆け引きがとても面白かった。
「リズ=セシル」だと知らない公爵の間抜けぶりは、最後に突きつけられた「今を生きていない」の言葉に集約されるのでしょう。
そして他人のことを駒としてしか見ないから、なぜセシルを愛していたユージンの生まれ変わりであるキーファがリズに執着するのかを理解できない。

 

・・・・・・でも本当になんで分からなかったんだろう?
自分の経験的に「転生」という現象があることはわかってるんだから、普通そこを疑ってもおかしくなさそうですが。
いや転生自体がファンタジーなんで「普通」がどうの言うのもおかしな話ですが(笑

 

公爵はさておき、偽聖女の不気味な存在感は最後まで損なわれず、物語に緊張感を保ったままクライマックスへ突入。
裏をかいたと思ったら罠にはまり、それをクリアしたと思えば次の問題が現れる。
波乱の多い最終決戦は最後までドキドキできて、とても楽しかったです。
リズの痛快活劇としても満足したし、キーファも格好良かったし、ロイドさんの意外な激情にニマニマしたりと、見どころも多くて大満足でした。

 

あと忘れてはいけないのが神官長ですよ!
聖女を救うためとは言え、実に大きな犠牲を払いましたよね・・・・・・失ったものは取り戻せないけれど、未来に光があることを祈らずにいられません。うん。

 

公爵たちの陰謀に決着をつける一方で、聖女選抜も最終局面へ。
この作品って、リズとライバル関係にある聖女候補たちが自分たちの内面にある様々な問題と向き合う物語としても、とても面白かったです。
決して聖人君子ではなく、だからこそ葛藤と苦悩の果てに、自分が後悔しない道を選びとった彼女たち。
それぞれの成長もまた、本作を魅力的に盛り上げていたように感じました。リズの戴冠式で全員集合したシーンはとても感動的だった。

 

そんな聖女候補たちの助けとなって活躍していたのが聖獣達。
シロの大活躍ぶりは語るまでもないのだけど(ダイエットは結局どうなったのか・・・)、私はペンギンもとても好き。まず名前がいいよね。厨二センスだったのね、あなた・・・って感じがいいよね。みんな本当にネーミングセンスが壊滅的で親近感がわきました。

 

様々な苦難と試練を乗り越え、ついに「聖女」の地位へと昇ったリズ。
身分社会の不条理に苦しめられ、そこから自由になりたいと聖女となることを望んだ彼女は、実際に「聖女」として何を為すのか。
ふわっとしたリズの願望に具体的な方向性が示されたのが良かったです。そこは割と気になっているポイントだったので。
黒幕との決戦が終わった後の後日談が意外と長いな・・・と思っていたら、この部分が加筆なんですね。
リズがちゃんと答えを出すために必要なエピソードだと思うし、これは良い加筆であり、良い書籍化だったのではないでしょうか。

 

そしてすれ違い続けたリズとキーファの恋もハッピーエンドへ。
前世ロマンスものとして、とても綺麗で納得のいく形の結末でした。
前世の自分たちが昇華(成仏?)されていくような演出が素敵。
前世のことは大事な想い出として、けれど決して囚われることなく、二人はここから新しい人生を歩み始めるのです。それはとても素敵なことだと思います。
ところで聖女って結婚できるんですね。
割と肝心な設定なのに最後の最後に出されたから結構びっくりしてしまった。身分差問題は聖女になればクリアできたのか・・・(まぁそうだよな)

 

ハピエンの裏でちょっとだけロイドさんが切ないことになっていたのも印象的でした。
いやぁ500年モノの純愛は相手が悪いよ。
でも、あのリズの髪に触れるシーンは、クセ者な彼らしからぬ素直な想いが溢れていて、正直すごくときめきました・・・・・・

 

とても楽しい作品でした。
ブログのコメント欄でオススメいただいた作品なのですが、良い作品に出会えました。ご紹介ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 
0

「聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 /新山サホ」への2件のフィードバック

  1. 前世と今世の因縁の決着の巻
    加筆部分によってリズの聖女としての道を書いてくれたのはとても嬉しかったです。
    聖獣たちの餌の取り合いは可愛かったし
    リズとキーファを見つめるモブ神官のところはとても笑いました。
    これからもいろいろな感想楽しみにしてます。

    1. 悠靭さん、コメントありがとうございます。

      加筆とても良かったですよねー!詳しく読みたい部分をきっちり掘り下げてくれてるのが良い!
      聖獣達も、サブキャラも本当に可愛くて、最後まで楽しく読めました。
      改めて、ご紹介ありがとうございました。
      また機会があれば宜しくおねがいします(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。