転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す1 /十夜


転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す 1 (アース・スターノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年6月刊。
大聖女だった前世の記憶と力を取り戻した少女が、それを隠しながら騎士団ライフを謳歌する転生ファンタジー。
実力を隠す有能主人公系のお話ですが、そのすっとぼけ具合のキレ味が最高でした。めっちゃ笑った。

アホの子なんですよ。頭悪くないしスペックもすごいのに、アホの子。
ばかな子ほど可愛いとは良く言ったものです。本当に可愛いんだもん。すごく好き。

マイペースに周囲を振り回す主人公に対し、勢いよくツッコミを入れる騎士団の面々にも笑いました。
なんだろう?できの悪い末っ子を愛でるお兄ちゃんたちがたくさんいる感じ?アットホームな騎士団ですね。

ストーリーは騎士団舞台の日常モノという感じで、キャラの掛け合いにツボだったので次巻も読みます。

☆あらすじ☆
小説家になろう ジャンル別 年間1位作品!待望の書籍化
騎士家の娘として騎士を目指していたフィーアは、死にかけた際に「大聖女」だった前世を思い出す。
え?聖女って、すごく弱体化しているのに、絶滅寸前なため、崇められている職業だよね?
私が使う聖女の力って、おとぎ話と化した「失われた魔法」ばっかりなんだけど。
そういえば、前世で、「聖女として生まれ変わったら殺す」って魔王の右腕に脅されたんだっけ。
こんな力使ったら、一発で聖女ってバレて、殺されるんじゃないかしら。
…ってことで、初志貫徹で騎士になります! 静かに生きます!
なーんて思ったけど、持っている力は使っちゃうよね。だって、色々便利だから…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す1 /十夜

アルバート家の令嬢は没落をご所望です7 /さき


アルバート家の令嬢は没落をご所望です 7【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年12月刊。
メアリ嬢、ご懐妊!(もう嬢じゃないか)
しかし直後にアディに隠し子発覚!?という珍事勃発な第7巻。
ゆるいです。ゆるゆる。面白いけれど、個人的にはもう少し読み応えがほしいなぁ。

☆あらすじ☆
ついに決まるか次期当主!? WEB発転生・ドタバタラブコメ第7弾!
次期当主争いも落ち着き(?)、おめでたも発覚してメアリたちは幸せムード全開。
しかし事態は一変。「その子はどこの子?」なんとアディと同じ髪色の女の子・アンナが現れる。
しかもアディのことを「お父さん」と呼び始めた!
思わぬ展開に動揺するメアリは一抹の不安を感じつつも、彼女を親元へ帰すため動き出すが……?「なにより俺が一緒ですから大丈夫ですよ」
2人の絆がグッと強まる、大人気WEB発・転生ラブコメ第7弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルバート家の令嬢は没落をご所望です7 /さき