聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2/新山サホ



聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2 (アリアンローズ)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
前世も今世も身分社会に苦しめられる平民の少女が、自由を目指して聖女候補の試験に挑戦する転生ファンタジー第2弾。
今回も面白かったです。前世ロマンスと陰謀サスペンスのバランスが丁度よい。
前世の恋は今世にも続くのか。恋をしているのは誰なのか。
神殿と王宮を巻き込む陰謀が進むなか、前世の因縁を乗り越えようとする主人公カップルの葛藤と奮闘が面白かったです。
それにしても、天与の才により突き進む主人公に比べると、悪役の方が努力してる感じになるのが少し笑える。でもそれが敵対関係に張り合いを生んで、読み応えに繋がっているのでしょうね。ラストのオチがとても好きでした。

☆あらすじ☆
前世で貴族に騙され不幸な死を遂げたリズは、今度こそ好きに生きるため、聖女になると決意する。
リズは次期聖女候補として、身分や思い込みにとらわれず選定試験を“自己流”でクリアしていく。その勢いはすさまじく、次期聖女は決まったものと思われたが、予期せぬライバルが登場し事態は大きく動き出す!
同じく転生していた前世の恋人、キーファと共に次の課題に挑むリズの前に、更に前世の自分そっくりの女性が現れて!?
「私にはわかる、あなたの本当の正体が――」
再び襲い掛かる前世の因縁もふっとばす、爽快ファンタジー第二弾、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

扉探しの試練の最中、リズの前に現れたのは紛争地帯で人々を癒してまわったと評判の「コロドの聖女」シーナ
その顔が前世のセシルそのものだと知ったリズとキーファは動揺するものの、その正体と裏にいる公爵の陰謀に迫っていくーー という第2巻。

 

公爵、せっかくセシルそっくりの当て馬を用意したのに、あっさりキーファに看破されてしまうことに笑ってしまいました。
そりゃそうだよ!本人が隣にいるもん!!
公爵の一連の企みは本当はいやらしく効果的なものだったはずなのに、「リズがセシルの転生だと知らない」という大事な部分でスカをしてしまったのが、なんともピエロっぽい。

 

めちゃめちゃ頑張って準備したのにな・・・・・・
シーナあらためエミリアも、めちゃめちゃ努力して準備したのにな・・・・・・

 

このなんとも言えない無情感。

 

こんなに努力する悪役も珍しいのでは?と思うくらいエミリアは頑張っていたので(やり方も性根もクソだけど)、ちょっとだけ見直してしまいました。
あとリズが天才型の主人公なので、努力型の悪役を当てるのはバランス的に良かったと思う。
本来のエミリア単体だと小物すぎるので(いやシーナになっても小物感はあるのだけど)、「絶対に復讐してやる!」というエミリアの気迫が二人の駆け引きに緊張感を生んでいて面白かったです。

 

悪役の気迫と更に裏にいる悪役の策謀により、リズが何度もピンチに陥る中、前巻よりもヒーローらしく活躍していたのが王太子キーファ。
でも「女にうつつを抜かしてる王太子に不安の声がある」というくだりは思わず笑いました(そうだろうね!)
あと、キーファが「セシル」に惹かれる本能と葛藤してたので少しだけ心配していたのだけど、胸を押し付けられて冷静になってたら「セシル」に失礼だろ!と思わずにいられなかったり。
いや、正体なんて最初から知ってるし、何の間違いもない反応なんだけど、タイミングが・・・・・・タイミングがね!?

 

それはさておき。

 

シーナを駒として使う公爵や謎の女魔術師の陰謀が進む中、リズとキーファのロマンスも少しずつ進展。

キーファが好きなのは「セシル」であって「リズ」ではない。
リズが好きなのは「ユージン」であって「キーファ」ではない。

そう思い込む二人のすれ違いが、切なくて甘酸っぱくて最高にときめきました。
なんて面倒くさい転生ラブ。好きですよ、そういうの!
前と今の違うところを発見しては寂しくなり、同じところを発見してはホッとするくせに、前と今は別だということにこだわるから、なんともまぁ拗らせてるな〜〜〜〜という感じ。
番外編のシロが「なぜだ」と素で疑問に思っていたけど完全に同意。

 

前世と今の自分たちは「同じ」だけど「違う」という意識が常に横たわるリズとキーファの関係。
ならば、恋をしているのは前世の自分なのか、今の自分なのか。
恋の相手は前世の彼/彼女なのか、それとも目の前にいる人なのか。

色々と迷走しつつも、少しずつ「今」目の前にいる存在に目を向け始めて。
ふたりの意識の変化がとても丁寧に描かれていて、そこがすごく良かったです。

 

さてさて、まだ問題は山積み。
聖女選抜どころの騒ぎではなくなったけれど、果たしてリズは陰謀に打ち勝ち、聖女となることができるのか。
身分の壁が立ちはだかるリズとキーファの恋はどうなるのか。
そしてシロのダイエットは成功するのか!?(聖竜の威厳とは)(可愛いならば良いのでは)

引き続き3巻を読みたいと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

「聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2/新山サホ」への2件のフィードバック

  1. 端から見ると、お前らもう相思相愛だろとツッコミたくなる2人が互いのことで一喜一憂してるがとても良い第2巻

    1. 悠靭さん、コメントありがとうございます。

      じれっじれですよね…!
      完全に両思いなのに、前世のしがらみを超えられないのが可愛いやら切ないやら焦れるやら!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。