引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番2 /山田桐子



引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番: 2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
元引きこもりの伯爵令嬢が、騎士団所属の聖獣たちのお世話に奮闘するお仕事ラブコメ第2弾。
やはり本作一番のイケメンは巨大ウサギのアトラなんですね。
なんでこんな格好いいのか。モフみとイケメンぶりとお兄ちゃん感が絶妙。
しかしヒーロー・サイラスも負けていません。更にパワーアップしたお色気ぶり。薔薇がわさわさしてました。
もはやこの人は常にモザイクかけるしかないのでは・・・・・・ミュリエルの心の安寧のためにも!

☆あらすじ☆
「君が大人の階段をのぼれるように、手を貸そう」
聖獣のお世話をする「聖獣番」として働いている伯爵令嬢ミュリエル。人づきあいが苦手で、本ばかりを読んでいたのが嘘のようだ! となればよかったのだけれど、当然そうはならない。とりわけ色気ダダ漏れなサイラス団長から向けられる好意は、ミュリエルには高すぎる壁としか思えず――。お友達から始めようと言われても、距離感がつかめません! それに、新しい聖獣探しの任務にどうして聖獣番が必要なの?
引きこもり令嬢と聖獣騎士団長の聖獣ラブコメディ第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

お色気上司のサイラスから告白を受けた結果、大人の階段(これやっぱり言い方がいかがわしいよな)を転がり落ちたミュリエル。
せっかく鍛えた耐性も水の泡。会えば赤面、喋ればドモり、触れるそばから気を失うーー ひ、悲惨w
下手に意識してしまったぶんだけ余計にコミュニケーションがぎこちなくなってるんですよね。
気を使ったサイラスが「まずは友達から」と提案していたけど・・・・・・と、友達?サイラスさま絶対他の友達にそんなことしないでしょ??それ友達か???と脳内ツッコミオンパレードでした。
でも筋トレの要領で自分に慣れさせようとする脳筋な発想は嫌いじゃないよ!

 

さて、今回は騎士団の任務中に起こった幽霊騒動に聖獣番としてミュリエルも動員されるというお話。

任務随行前、幽霊話に怯えてアトラと一緒に寝るミュリエルが可愛すぎました。
てかね、あのシーンはまちさんの挿絵が最高に可愛くって!
でっかいウサギの胸元にちまっと埋まってるSDミュリエル。本当にかわいい。スマホのホーム画面にしたい。

 

ミュリエルとアトラの絆、本当に良いですよね。
アトラのミュリエルへのぶっきらぼうな気遣いもキュンとするし、ミュリエルも何かあればすぐアトラに助けを求める。
あれ?この作品のメインヒーローは誰だったか?となるんだけど、仕方ないよ、だってアトラがイケメンすぎる。

「これからオマエが眠れない夜はオレが傍にいてやってもいい」
「ミューのことは、オレが守ってやる。だから黙ってオレの傍にいろ」

信じられる?これウサギのセリフなんだよ???格好良すぎじゃない?????

あまりにもアトラがイケメンすぎて、勝手に私が大興奮でした。
幽霊騒動でもアトラがばっちり活躍していたし、アトラや聖獣達との絆を確かめることでミュリエルは自分の仕事に対してまた一歩前向きになれたし、うんうん今回も良い話でした。

 

まぁそこで終わらないんだけど。

 

だってここで終わったらサイラスの立つ瀬がないですもんね。
幽霊騒動解決後の展開は「ここからはサイラスのターン!」という熱い意気込みを感じました。
いや、幽霊騒動の時もサイラスはちゃんと活躍してたんだけども(水もしたたる危険物だった)

 

サイラス、コミュ弱のミュリエルに対して手加減しているように見えて全然容赦ないんですよね。
「友人という枠は便利で不便だな」というセリフに、やっぱり便利な言い訳にしてたんだ!自覚あったんですね!って思わず叫びました。
あと色気。色気すんごい、今回も。
サイラスのお色気描写を読んでると、なんかイケメンヒーローというよりも昼下がりの人妻みたいなイメージが先にでてくるというか。壇蜜かな?

 

・・・・・・とか思ってたら「ホストクラブ・聖獣騎士団」が開店してめちゃくちゃ笑いました。
サイラスはきっと特定少数のマダムに大金を注ぎ込まれてナンバーワンの座を不動のものにするタイプですね。一見さんや若い子に人気なのはナンバー2のレインなんだろうな。しらんけど。

 

ところで、サイラスの垂れ流しの色気に、毎回ミュリエルが素直かつ正直に反応するものだから、逆にミュリエルの方がむっつりすけべみたいになってません?
ミュリエル、結構想像力たくましいな・・・と思うシーンが増えてきた気がする。
傍でいつも薔薇を背負ってる人、ミュリエルの情操教育に良くないんだよなぁ笑

 

そんなミュリエルは未だ無自覚だけど、それもあと少しで何かに気づきそうな感じ。
箱に詰めて鎖でぐるぐる巻きにし、心の奥にしまいこんだのは、本当に「サイラスの好きという気持ち」だったんでしょうか?
違うんじゃないかなー?だって別にしまえてないし、それ。
ミュリエル自身がサイラスをどう思っているのか、今回でかなり核心に近いことを自分で口にしていたし、その気持ちと向き合えるまで時間はあまりかからないかものかも。
まぁ自覚しようがしまいが外堀は埋められてしまったのだけど。
サイラスさま、ミュリエルの追い込み方が手慣れてきましたね・・・!

 

恋愛方面の動きも楽しみだけど、気がかりなのは今回の幽霊騒動の裏にあった陰謀。
竜の復活をたくらむ秘密結社が、今後の聖獣騎士団の相手になるのかな?
聖獣騎士団の本体とミュリエルの顔合わせも済んだし、ミュリエルの活躍の場が広がりそうで期待が高まります。

 

3巻も楽しみです。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。