恋せよ天敵。いずれ二人が過去とする永戦世界にて /波口まにま



恋せよ天敵。いずれ二人が過去とする永戦世界にて (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★☆☆☆
2019年11月刊。
ロミジュリ系のファンタジーってとても好きなジャンルで、とりあえず読んでみようと思うんだけど、これはちょっと合わなかったです。
ロミジュリもので私が欲しい展開はなかったし、世界観も戦闘も何がなんだか・・・

☆あらすじ☆
最強のふたりが絶望の未来を切り開く!
凶悪なモンスターが跋扈する世界で、限られた資源を巡り争う天使属と冒涜者。そんな中、休戦協定が結ばれることに。その証として両種族選抜で『合同部隊』が結成されるのだが……。“世界の最果て”に大志を抱く冒涜者フレドと、片翼に劣等感を抱く天使属、少女ラブラ。「わたし〈おれ〉は大切なものを守るため最強になる!!」二人の運命的な出会いが、絶望の未来を希望に変える!! 超王道ボーイミーツガールファンタジー、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。
ネガティブ注意。

 

冒涜者と呼ばれる一族と、天使と呼ばれる一族が長年にわたり争い続ける世界。
戦争の僅かな中断期間である現在、冒涜者のフレドと天使のラブラは、駆け落ちした冒涜者と天使のカップルの討伐を目的とした合同部隊のメンバーとして出会う。
任務を行うなかで、2人は惹かれ合うようになるが―― という話。

 

敵対関係にある2人が恋に落ちて〜、という正にロミジュリものなんだけど、出会ってすぐに一目惚れ→この感情はなんだろうなー?→あっ、恋だ!という展開のざっくり加減が私の好みと合いませんでした。
全然禁忌感ないし、恋を自覚したあとも特に何か葛藤があるわけでもなく、二人ともセリフの割に反応が淡々としてるように見える。ロミジュリってこういうもの?
まぁ自分たちで恋を叶える道を切り開く系の話といえばそういう感じなんだろうけれど、その方向性で楽しめるかといえば色々と中途半端で盛り上がりに欠けるし・・・・・・

 

あと、読みながらよくわからなかったのが「フネ」の設定。
自分の読解力や想像力の低さを棚にあげて申し訳ないのだけど、どういう構造で何をしているのかさっぱりイメージできませんでした・・・・・・
天使やモンスターを動力源とするってなに?パーツをそのまま兵装にする?爪とか牙とか生肉を詰め込んでるの・・・?
せめてフネのイラストがほしかったなぁ。

 

うーん、申し訳ない。合わなかったです。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。