お狐様の異類婚姻譚3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです /糸森環


お狐様の異類婚姻譚: 3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2019年11月刊。
お狐様と薬師の少女の甘くてこわい攻防を描く和風ファンタジー第3弾。
3巻を読み終えてふと思ったのですが、この作品面白すぎませんか??本当にめちゃんこ面白くない???

あやかしが支配する世界の風習にまでこだわった設定、
その設定が後から後から意味を重ねていく物語の構成、
そして鮮烈な存在感で心を惹きつけるキャラクターの裏表。

完璧なんですよ。求めるものを最高水準で与えられている実感がある。
和風ファンタジーで面白いものを読みたければコレを読め!ってところまできた。
このシリーズに対する愛が最高値に達して頭がバグッてる自覚はあるけど、それにしたって面白すぎるんですよ・・・!

そしてコミカライズ連載開始おめでとうございます。
コミカライズ担当の方の絵柄が原作担当の凪さんの雰囲気に近くて嬉しい。こちらも応援せねば!

☆あらすじ☆
神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元旦那様は八尾の白狐・白月。婚姻してすぐに離縁された雪緒は、彼が信用できず復縁を断り続けていた。そんなある日、鬼の嫁入りの祭儀の混乱の中、雪緒が鬼にさらわれてしまう。白月は、雪緒を取り返そうとするが――。え? このままだと私が鬼の嫁にされてしまうってどういうことですか!? 大人気異類婚姻ラブ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです /糸森環