お隣さんと始める節約生活。 電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか? /くろい



お隣さんと始める節約生活。 電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか? (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
一人暮らしの高校生2人の半同棲生活を描いた日常ラブコメ。
家事すら素人の二人が、相手のことを意識しつつ、一緒に少しずつ節約を頑張っていくお話です。
のんびりほのぼの甘酸っぱい。そんな癒やし系。
じりじりと距離を詰めつつ、肝心なところでスルッとすれ違う二人がすごく可愛かった。
個人的に文章の相性がちょっと良くなかったんだけど、続刊があれば読みたいと思います。

☆あらすじ☆
お隣さんと、お家も幸せも半分こ。節約から始まるラブコメディ。
第4回カクヨムWeb小説コンテスト ラブコメ部門〈特別賞〉受賞作!
「貧乏なわけじゃないけど、もう少し遊ぶお金がほしい」
一人暮らしの高校生の俺・間宮哲郎は、同じく遊ぶお金が欲しい隣人の高校生・山野さんと一緒に、節約生活を始めてみた。
最初は自作の弁当を比べたり、巨大なパンをシェアしたり、と色々やってみたんだけど……劇的な家計の変化はない。
夏も迫り、冷房代などでさらに出費が膨らむかもしれない。
二人で頭を悩ませていると、山野さんから画期的(?)な提案が——
「電気代を半分にするなら、一部屋を二人で使えば良いんだよ」
え、確かにそうかもだけど——山野さん、本気ですか?
一つ屋根の下で送る、Webで大人気のムズキュンラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

手元にお金がないわけではないが、今後のことを考えると今は使いたくないし、それはそれとして遊ぶために使うお金を確保したい。

っていうの、めちゃくちゃ共感が深いというか、共感しない人は金持ちだけでは???

そんな世知辛い実感に頭を悩ませる高校生・間宮哲郎は、偶然隣に住んでいた同じ高校の先輩・山野さんと節約話で意気投合し、生活を窮屈にしない範囲で互いの節約を助け合うことになるーー というのが本作のストーリー。

 

最初はご近所付き合いの範囲だったのに、徐々に同棲カップルみを強めていくのが楽しいラブコメでした。
帰る部屋がある半同棲状態で、光熱費や食費の負担割合もゆるいので、なんかめちゃめちゃ大学生の同棲カップルっぽいんですよね。
一緒にいるために節約を建前にするあたりも、大学生の同棲カップルから山ほど聞いた話・・・笑

 

ただ、本作で面白いのは間宮くんと山野さんは別に恋人同士ではないという点。
お互いに気になってるのに少しずつ築いた関係を壊すのが怖くて、二人揃っておそるおそる距離をはかるんです。これが可愛いのなんのって。

「友達ではなく異性として意識されたい!」と積極的にスキンシップを仕掛ける山野さんに対し、
「意識しすぎてるのがバレるとキモがられる!」と怯えて平然とした態度を取り繕う間宮くん。

傍目には完璧にイチャイチャしてるのに、内心で完全にすれ違ってる二人。それ逆に噛み合ってるのでは?

 

てか間宮くんよ、意識してない男に内もも見せる女はやばいって。部屋の中で水着もみせんて。もっと自分を信じよう。君は好かれてる!!!
でもそんな間宮くんのポーカーフェイスのせいで、山野さんの行動がどんどん過激になっていくのが楽しすぎました。そのままどこまで行っちゃうのかな?笑

 

特に山やオチがあるわけではないけれど、ゆったりとした日常の中で甘々でムズムズの攻防が繰り広げられていくのが楽しいラブコメだったと思います。
惜しむらくは会話の中身にメリハリを感じづらかったところでしょうか。ううむ、ちょっと単調だったかな。
でも作風には合ってる気もする。二人の会話のまったりした空気は等身大に思えるし、これはこれで良い気もする。だからもう相性の問題かな。

そんな引っ掛かりはあったものの、内容もキャラも好きなので次巻も読みたいと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。