銀龍蓮華録 お騒がせ公主、龍の番になりました!? /増田みりん



銀龍蓮華録 お騒がせ公主、龍の番になりました!? (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
うっかり「番」になった粗忽者な公主と孤独な龍が、関係解消のために協力して奮闘する中華風ファンタジー。
ヒーローのツンデレ感が楽しい作品でした。ツンデレをデレさせる話。
全体的に悪くないんだけど、世界観や設定の割に、話をこじんまりと纏めてあるのが勿体なく感じました。

☆あらすじ☆
龍の里にトリップして、番(仮)になっちゃいました!?
問題ばかり起こす『お騒がせ』で有名な蓮華国の公主鳴鈴は、ひょんなことから人が立ち入れぬ【龍の里】にトリップしてしまう!
銀龍の白麗と意図せず番(仮)になるも、人間嫌いの白麗は「ついてくるな」の一点張り。
だけど、私達は『普通』の番じゃないみたいで離れられず……!?
番解消するまで家には帰れない、じれじれで未熟な異類婚姻譚!

以下、ネタバレありの感想です。

 

思い立ったら即行動、行動したら問題を起こす「お騒がせ公主」鳴鈴
いつもの騒ぎのなかで父王が倒れたことで、彼女は父の病を治す「雪蓮花」を求めて城を飛び出してしまう。
その過程で龍の隠れ里に迷い込んでしまった鳴鈴は、なぜか銀龍・白麗の「番」となってしまい、どうにか「番」を解消できないか二人で模索することになるのです。

 

トラブルメーカーな主人公の物語って、本人がトラブルを引き起こすことに負い目を感じていると読み手としても心が痛くなるものですね。
良かれと思って行動するのに、全て裏目に出て騒ぎを起こしてしまう鳴鈴。
そういう自分への不甲斐なさを気にして落ち込む鳴鈴の姿に切なくなりました。もう少し開き直れる性格だと生きやすいだろうに。

 

しかし、そういう素直な感性の持ち主である鳴鈴だからこそ、人間嫌いで同族からも忌まれ、心を閉ざした白麗と打ち解けていけたのだと思います。
そのあたり、本作は鳴鈴と白麗の心の交流に重きを置かれていて、少し駆け足気味ではあるものの、綺麗に話をまとめてあるラブロマンスだったと思います。次第に丸くなっていく白麗のツンデレっぷりが特に良かった。

 

ただ、うーん、龍と人間の確執とか、龍の里での白麗の扱いとか、もっと掘り下げほしいところが多々あったのが惜しいんですよね。
結局、他の龍との和解もないまま白麗が人間の世界の方にきちゃったので、なんかこう、中途半端に問題を投げてしまったようなモヤモヤ感が残るというか。
人が龍を残酷な方法で裏切ったという話も、人はそういうものだからで納得させるのではなく、ちゃんと背景にある真相まで描いてほしかった。

 

いや、まぁ、そのへんはシリーズ化すれば掘り下げられるのかもしれません。

というわけで続刊が出るまで評価保留かなぁ、と。

銀龍蓮華録 お騒がせ公主、龍の番になりました!? (ビーズログ文庫)

銀龍蓮華録 お騒がせ公主、龍の番になりました!? (ビーズログ文庫)

増田 みりん
726円(12/07 01:19時点)
発売日: 2019/11/15
Amazonの情報を掲載しています

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。