七代勇者は謝れない /串木野たんぼ



七代勇者は謝れない (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
面白かった!
最強少女と次点少年の、「どっちが勇者にふさわしい!?」を問いまくる人気投票系コメディファンタジー(なんだそれ)
すぐ推し変する神々のせいで、勇者力(なんだそれ)を争うことになった主人公とヒロイン。
魔王の驚異にさらされる世界で、救世主として立つべきはどちらなのか。
勢いで突き進む話なので、勢いで読むべき作品なのだと思います。
でも勢いに乗って読んでいると、意外な落とし穴に何度もハマってギョッとしたりする。そこが楽しい作品でした。
あと拗らせケンカップル好き的にも楽しい。
ヒロインが可愛いんですよね。もうね、ずっと主人公と対立し続けてほしい。

☆あらすじ☆
勇者候補2人の勇者力争奪ファンタジー!
聖剣を抜いたのに、神々に勇者と認められなかった勇者志望の少年ジオ。
横で見ていただけなのに、なぜか七代目勇者にされた天才少女イリア。
一度すれ違った二人の運命は、イリアが魔王に敗北を喫し、戻ってきたことで再び交錯する。
「勇者代われイリアァァァ!!」「だめ、私がもう一度やる」
勃発するは、勇者の資格争奪戦。
代われ代わらぬ喧々囂々。いがみ合つつも、七代目(元)と八代目(仮)の2人の勇者候補はそれぞれの想いを胸に、ともに旅立つことになるのだが――?
真の勇者はどっちだ!?
なんとかやり直したい元勇者と早く勇者になりたい少年による勇者力争奪ファンタジー、出立!

以下、ネタバレありの感想です。

 

ジオが聖剣を抜いたら、下で見ていたイリアが勇者になった。なんでだ!

というわけで、吟遊詩人の妹のために勇者になって魔王を倒すはずが、初手から躓いてしまった少年ジオ
勇者としての人気、期待、信頼、安心感などを総合した適性=勇者力がイリアに劣るのだと言われても諦めきれないジオは、魔王討伐に失敗したイリアが神々に見放されたことで、再び勇者となるチャンスを得るのです。

 

この「勇者となるチャンス」というのが、勇者の証である「紋章」が右手に宿るか否かの話なんだけど、これがまぁポンポンポンポン気軽に点いたり消えたりする仕様で。
気まぐれな神様たちはすぐに推したい勇者を変えるので、イリヤを見捨ててジオを選んだかと思えば、やっぱ力不足だわとイリヤに戻したりーー そんな推し変を繰り返すわけです。

 

神様ふざけてないで真面目に勇者を選べ!と私なんかは思うのだけど(中間管理職的な悲哀を帯びる聖剣ってなに)、まぁ目の前にいるやつを恨みやすい気持ちはわからなくもない。
イリヤに対するコンプレックスを拗らせるジオの恨み節はとても楽しく、でも隠しきれないお人好し感は微笑ましく、なんだろう、弱いワンちゃんほどよく吠えて可愛いよねっていうか。
王都での愛されキャラっぷりがすごく理解できるんですよね。私も好きだわ、この主人公。

 

そんなジオの嫉妬と憎悪を一身に向けられるのが、完全無欠な勇者であるイリア。
話が進むにつれてボロボロと化けの皮が剥がれていき、見えてくる素顔にキュンと胸が高鳴ってしまうヒロインでした。
面倒くさいし、哀れだし、健気だし、拗らせてるし。なにこの子、かわいい。友達いなさすぎて可愛い。

 

タイトルの意味を把握してからは、コメディだけでなく拗らせカップルのラブコメとしても楽しめました。
このふたり、新感覚ケンカップルじゃん。こういうの好きですよ!
この関係を続けるために謝れないイリアのズルさは可愛いし、イリアが謝らないことに安心するジオのヘタレ感も好き。
そのままずるずると煮え切らないライバル関係を楽しんでいればいいんだよ・・・・・・お幸せにね・・・!

 

ラブでコメディな話を楽しめる一方で、「魔王の驚異にさらされる世界」の物語としては笑えるばかりでもなくて。
ひたすらギャグコメでいくのかと思っていたので、ユスティナの言動もジオのシスコン設定も、その不穏さをどこまで本気で受け止めればいいのか途中まで迷っていたんですよね。
だから終盤の展開に「あーやっぱりか・・・」と思いつつ、ギャグコメからの振り幅が激しくてショックも受けてしまったり。

 

真相になんだか切なくなってしまったのだけど、更にラストでどういう気持ちになればいいのか分からなくなりました。
ユスティナのことも妹のこともシリアスだけど、肝心のラスボスがシリアスしてないぞ。大丈夫か。

 

まぁいいんだ。私はこれをケンカップルの競争ラブコメとして読むから。
バトルシーンが少し何を描いてるのか分からない時があって目が滑るから、そこだけ改善されると嬉しいかも。

というわけで続きをお願いします。ジオ君ちゃんと生きてたらいいなー笑

七代勇者は謝れない (GA文庫)

七代勇者は謝れない (GA文庫)

串木野 たんぼ
693円(12/06 22:47時点)
発売日: 2019/11/14
Amazonの情報を掲載しています

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。