What We Want /オキシタケヒコ


What We Want【Kindle】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
「創元SF短編賞アンソロジー 原色の想像力2」(2012年3月刊)に収録された短編を単独で電子書籍化したもの。

著者いわく、『ガールミーツエイリアンのどつき漫才スペオペ』です。

・・・・・・・・・確かにそうなんだけど、そうなんだけど!

それでこういう話を書いちゃうの!?

序盤から勢いよく飛び出すオリジナル固有名詞の数々に面食らうものの、その言葉が生まれた背景と込められた感情を理解した瞬間の「ああ、そういうこと・・・」とストンと心に落ちる感覚が気持ち良すぎる作品でした。

ところで、オキシタケヒコ先生といえばガガガ文庫にて超傑作SF鬼退治「筺底のエルピス」シリーズを刊行中の、私にとっての神の一柱なんですが。
エルピスはまだかないつかな・・・と一日千秋の思いで待ち続けている信者としては、ここでオキシ成分(!)を摂取できたことが嬉しくてたまりません。
ぜひ「プロメテウスの晩餐」や他の短編も電子化してほしい。

☆あらすじ☆
《汎銀河通商網》とファーストコンタクトを果たした人類は、あっという間にアメリカ合衆国を巻き上げられた。二十年後、ただ一人地球に生還したアメリカ人スミレは、商人として異星人トリプレイティとともに宇宙の荒波に漕ぎ出してゆく……
第2回創元SF短編賞最終候補作を単独電子化。「プロメテウスの晩餐」で第3回創元SF短編賞優秀賞受賞、『筺底のエルピス』で注目を集める著者の真骨頂たる、コメディにして本格スペースオペラ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む What We Want /オキシタケヒコ