戦うパン屋と機械じかけの看板娘10 /SOW


戦うパン屋と機械じかけの看板娘 10 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
「戦後」を描いた物語であり、「伝説」に秘められた歴史の真実を描いた物語であり、なにより「パン屋と看板娘」の物語であった本シリーズ。ついに最終巻です。
かなりの伏線が残っていたはずなのに、終わってみれば全てスッキリと回収されました。
物語の深層に隠されていたものは残らず明るみに出て、クライマックスを怒涛の勢いで駆け抜ける。でも急ぎ足な感じはなくて、美しくフィニッシュを決めたような印象です。
面白い作品だったなぁ。最後まで読めてよかったです。
SOW先生、完結おめでとうございます。

☆あらすじ☆
皆に祝福され、結婚式を挙げたルートとスヴェン。しかし、人と機械では生きる時間が違いすぎた。だから、スヴェンは人間になることを決意し、人化の方法を知るマイッツァーを探すのだが、彼は保安部の手によって誘拐された後だった。マイッツァーの救出に動いたルートたちは、否応にも聖女が画策する次なる大戦の火種に飛び込むことになり――
今はもう英雄でもなく兵器でもない、普通のパン屋店主と看板娘が贈る街角パン屋繁盛記、感動のフィナーレ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 戦うパン屋と機械じかけの看板娘10 /SOW