悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします /浜千鳥



悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
割とオーソドックスな展開の悪役令嬢転生もの。
なのだけど、シスコンとブラコンの強烈な相思相愛っぷりがインパクト抜群なコメディでした。
アラサー社畜が悪役令嬢に転生し、目指すは破滅回避と愛する兄の過労死防止。
物語はまだまだ序章もいいところですが、勢いのある文章が楽しくてあっという間に1冊を読みきってしまいました。
しかしこれ、兄妹のラブラブっぷりが半端なくて恋愛フラグが立ちそうにないな?
もしくはゲームヒロインとの百合ルートに入ってないか??
次巻を楽しみに待ちたいと思います。

☆あらすじ☆
WEB発! 破滅フラグを折るのも、皇国滅亡ルート回避も——すべてはお兄様のため!
悪役令嬢エカテリーナに転生した社畜アラサーの利奈。前世の最推し・妹溺愛(シスコン)の兄アレクセイに会えて喜んだものの、初めて知った悪役兄妹の生い立ちが不幸すぎる!
しかもお兄様は公爵として多忙すぎる毎日。前世の知識でお兄様を助けようとするエカテリーナだけど……あれ、こんなところに皇国滅亡フラグが!?
ゲームになかった設定だらけの世界で、没落も滅亡も絶対回避!
すべてはお兄様のため、悪役令嬢は頑張ります!

以下、ネタバレありの感想です。

 

悪役令嬢に転生し、魔法学園に入学し、そこでヒロインをイジメない正ヒーローの皇子にも近寄らないことで破滅フラグを回避をしようと決意した公爵令嬢エカテリーナ

序盤で人格分離(アラサー社畜が歴女視点で実況してるww)からの、人格融合を描いているところがなかなか面白かったのだけど、そこから先はまさに「悪役令嬢転生もの」の王道展開へと進んでいく本作。

 

正直言うと、ストーリーの展開自体にはあまり目新しさを感じませんでした。現状では、だけども。
色々と気になる伏線はあるので、展開に独自性が出てくるのは次巻以降なんじゃないかな?楽しみにしたいと思います。

 

それはさておき、本作で一番面白いのは相思相愛ベタ甘兄妹の関係性でしょう。
もうすごいラブラブ。
キャラ萌えと兄愛が融合して兄ラブになっているエカテリーナも、マザコンとシスコンが融合して妹至上主義になってるアレクセイも、互いが唯一の存在すぎて他の人が割って入れる気がしない。
かと言って兄妹で恋愛展開になるとか、そういう感じでもないんですよね。
この先は分からないけど、あくまで今は家族的意味での兄妹愛って感じ。

 

で、この溺愛しあう兄妹関係は、なんだか不思議と心地が良いんです。
なんでだろう。盲目的とか病んでる感じがなくて、あくまで健全な感じだからかな。兄妹の仲良しっぷりにほっこりするんですよね。
不幸な半生をおくってきた兄妹なので互いを唯一の家族として愛していることには説得力があるし、その上で相手を幸せにしたいという前向きな感情が全面にでているのが良いなと思いました。
あとイラストが美麗なので美人兄妹の2ショット挿絵を見てるだけでも眼福ですしね。仲良きことは美しきかな。

 

ただ、気になるのは、この家族愛全振りの兄妹は今後誰かと恋に落ちたりするのかってことなんですけど。
ミハイル皇子がなにやらエカテリーナを気に入ってるっぽいですけど、この恋愛フラグ、立ちそうで立たない感がはんぱない。
折れる前に立ってない。むしろ兄が立ってる。壁として。

 

逆に、ゲームヒロインにして親友となったフローラ嬢は上手いところに入り込んだなって最後まで読んで思いました。
完全にミハイルとエカテリーナの位置が逆転してますよね?
兄が好きすぎて他の男を選びそうにないのなら、エカテリーナに待っているのはアレクセイの膝下でフローラと仲良く暮らすブラコン百合エンドしかないのでは?それはそれで楽しそうだけども!笑

 

まぁ未来を考える前に破滅フラグ回避をどうにかしなければならないのですが。
ラスボスの名前が登場したり、ゲームのイベントが予定通りに発生したりと、今後も波乱は続く模様。
エカテリーナが心配するほどにはアレクセイは過労死しそうにないけれど、兄妹の領地経営もこれからどんどん面白くなりそうなので期待。

続きを楽しみに待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。