イレーナ、永遠の地 /マリア・V・スナイダー


イレーナ、永遠の地 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年10月刊。
「毒見師イレーナ」から始まる、イレーナの過酷な運命を描いた物語もついに最終巻。全6巻で完結です。
愛する人と出会い、頼もしい仲間を得て、彼らとともに平和を勝ち取ろうと懸命に駆け抜けたイレーナ。

毒見をするか、今すぐ死ぬかーー

そんな選択肢を突きつけられた元死刑囚の少女が、生きてここに至るまでの軌跡を思い返し、なんだか感無量です。
とても素晴らしいファンタジーでした。ラブロマンスとしても最高だった。
最後まで刊行してくれたハーパーBOOKSさんに感謝。完結おめでとうございます。

☆あらすじ☆
世界累計100万部突破の壮絶ファンタジーシリーズ完結!運命はいつだって、この手で切り拓いてきた――
長年敵対してきた2つの国、イクシアとシティア。
両国はいま、支配欲に駆られた悪しき集団《結社》の手に落ちようとしており、最高司令官さえも操り人形と化していた。
いまだ魔力の戻らぬ中、イレーナは未来を、大切な人たちを守るため最後の闘いへと向かう――ヴァレクら残されたわずかな仲間と共に。
死刑宣告を受けながらも毒見師として生きながらえたイレーナの壮絶サバイバル、堂々のフィナーレ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む イレーナ、永遠の地 /マリア・V・スナイダー