らすぼす魔女は堅物従者と戯れる1 /緑名紺



らすぼす魔女は堅物従者と戯れる 1 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
どこまでも不憫な男をドロドロに甘やかして依存させたい魔女と、そんな魔女の誘惑を必死に抗いつつ心が揺れる従者の関係を描いたラブコメディ。
悪役令嬢転生+婚約破棄モノなのだけど、不憫で健気な当て馬キャラを好きになりがちな人にオススメ。
私はそのタイプなので、当て馬純情男を妖艶にタラシ込む魔女のやり口がすごく楽しかったです。とてもイイ性癖をお持ちだ。捻じ曲がってる。

☆あらすじ☆
アニメの“らすぼす”に転生してしまった魔女のソニア。彼女は自分が悪しき魔女として討たれる未来を知っていた。そんな物語からの離脱を望んだソニアは、破滅へのきっかけである王子との婚約破棄を受け入れることに。その代償として前世でお気に入りだった騎士・ヴィルを従者として手に入れることに成功した。本来刺し違える役目を背負っていたヴィルと故郷で平穏に暮らすことを望むソニアだけれど、ヴィルは彼女を悪い魔女だと決めつけ反発ばかりで…!? 奇妙な運命に抗う“らすぼす魔女”の快進撃がスタート!

以下、ネタバレありの感想です。

 

過去視の魔法を使って自分の前世を見た魔女ソニアは、そこで自分がアニメの「らすぼす」に転生していることを知る。
その知識を駆使して婚約破棄の糾弾イベントをクリアしたソニアは、はじめから目をつけていた騎士のヴィルを賠償金代わりに手に入れる。
王国と魔女の歴史的な確執や、王都を騒がす怪事件のことで魔女に対する悪感情を募らせていたヴィル。
そんなヴィルを気に入っているソニアは、彼を連れ帰ってデロデロに甘やかし、自分に依存させ、飼い殺しにしようと企んでいた―― という魔女こっっっっわ!!!!!な主従ラブです。怖!

 

恋愛ものでよく見る、ヒロインを一途に想うけれど絶対に報われない当て馬キャラ
良いですよね〜〜。その不憫さにときめいてしまう。私は割とこういうキャラを好きになるタイプです。
主人公と正ヒーローの恋の踏み台にされるという、存在そのものの悲劇性が美しいからね。
「幸せになって」と思いつつ、キャラの運命が悲壮であればあるほど惹かれるものです。

 

本作のヒーロー・ヴィルは、まさにそういう悲劇の当て馬キャラ。
アニメではヒロインに恋するも彼女のために身を引き、想いに蓋をしつつ、最期は二人のために命すら捧げた男。
その生い立ちは凄絶に悲惨だし、ソニアのもとで彼を待ち受ける真実は醜悪で到底受け入れがたいもの。
正にこの世の不幸を一身に背負うかのようで、現実に打ちのめされる姿にはゾクゾクしてしまいます。間違えた。涙を禁じえません。

 

いやぁ、これは魔性の男ですよ。
性癖が歪みそうなほど嗜虐心を煽るというか・・・・・・運命に虐められている時のほうが輝いて見えるというか。

 

同時にソニアがヴィルをデロデロに甘やかしたいって思うのもすごく分かる。
必死に頑張ってきたのに、全てに裏切られ、報われず、叩きのめされたヴィルを、自分の傍で囲い込もうとするソニア。
優しそうに見えるし実際に優しいんだけど、彼女の内面描写がとても「魔女」っぽくて怖くて楽しいんです。
これは人をダメにする魔女だ。甘えたら存分に甘やかしてくれるけれど、その代わり、彼女なしでは生きられなくなる――

 

そんな予感の通り、一緒に暮らす中でヴィルはソニアの人柄に惹かれていき、最初の険悪なムードはどんどん和らいでいきます。
いや待て待てチョロすぎる。
素直というか純粋というか単純というか。
なんかもう女に騙されてる感がすごくてワクワクしてしまうじゃないか・・・!笑

 

まぁソニアは悪い魔女ではなく、ただヴィルを依存させてダメにさせたいだけなので(「良い魔女」とは)、ヴィルは安心して泥沼に落ちれば良いと思います。

 

さて、ソニアを嵌めようとする王都の怪事件や、アニメシナリオの話も気になるので、続きも読んでいこうと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。