死にゲー転生ブラッドペイン /羽根川牧人


死にゲー転生ブラッドペイン (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
死にゲーの世界に召喚された有名プレイヤーが、「ゲームの展開上絶対に死ぬ巫女」を守り抜いてゲームクリアを目指すファンタジー。
と言っても熱血でヒロイックな感じではなく、ある目的のために淡々とやるべきことをこなしていく主人公のドライさが印象的でした。
深い闇を感じる彼の過去に何があったのか。
果たして巫女を守り抜くことはできるのか。
そして、この世界は一体何なのか。あのゲームは何だったのか。
様々な謎が残されたまま終わっているので、続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
「任せておけ。なにせ俺は、天才のお前に召喚された、最強の断罪者だ——」
大人気”死にゲー”をプレイ中に意識を失った黒江海斗は、自キャラ《血錆のカイト》として目覚める。自分を召喚した焔の巫女フラムは戦闘を強要してきたり「撫でてください!」と懐いてきたりと、可愛くもあるがやたらとウザい。ゲームの展開通りなら、序盤の負けイベントで彼女は死ぬ——だがフラムの健気な覚悟を知ったカイトは、最強プレイヤーとして誰も見たことのないエンディングを目指す! リアルで成し遂げる前人未踏の縛りプレイ攻略譚!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 死にゲー転生ブラッドペイン /羽根川牧人