異世界拷問姫8 /綾里けいし


異世界拷問姫8 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2019年9月刊。
評価:★★★★☆
今回もまた表紙が美しい・・・!
この醜悪な世界で異質な輝きをみせる彼女たちの愛にときめいた第8巻。
いよいよ次が最終巻ということで、クライマックスに向けて物語が加速しています。
この先に待つのは果たして悲劇なのか喜劇なのか。

☆あらすじ☆
「エリザベート・レ・ファニュはセナ・カイトを愛している」大人気ダークファンタジー第八弾!
『断罪を止めたくば、代償を、犠牲を、生贄を。我々は結晶化した【狂王】とその花嫁。及び、【拷問姫】エリザベート・レ・ファニュの身柄をお前達の命の代わりに求めよう』各地での殺戮を煽動するアリスとルイスの要求に対し、三種族は救世の英雄を生贄とする決断を下す。「……貴様ら夫婦を相手取る羽目になろうとはな。流石に予想せぬわ」再び世界の敵となったエリザベートの前にはジャンヌとイザベラが立ちはだかり、「さぁ――父性愛の勝負といこうじゃないか!」愛娘の道を切り開くためヴラドはルイスを迎え撃つ。綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る至高のダークファンタジー第八弾。彼らは戦う。各々の何かを守り抜くために。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界拷問姫8 /綾里けいし