今昔コバルト文庫好きな作品集

私のレジェンド少女小説「有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険」の電子書籍配信が遂に始まるということで、思い出中枢を盛大に刺激された。

コバルト文庫、あんなもの読んだなーこんなものも読んだなーっていう雑談です。思い出語りとも言う。

なんか前もブログのどこかで似たような話をした気がする?まぁいいか。

つらつら思い出した順に語っていくから時系列も出版年代も割とバラバラになると思います。

 

続きを読む 今昔コバルト文庫好きな作品集

陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の /秋月忍


陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★☆☆☆
2019年10月刊。
男装陰陽師と検非違使がバディを組んで怪異に挑む平安風ファンタジー。
暗い感情に澱む人の心に切り込んでいく二人の活躍を描いた物語です。
主役二人の心情描写が少し粗く感じたかな?
1冊できちんと終わっているけれど、いまひとつ楽しみ方が掴めない作品でした。

☆あらすじ☆
あやかしがはびこる都を守るのは、凄腕の男装の陰陽師——
幼い頃に呪いをかけられた鶴丸は、男と偽り、陰陽師となる。出向先の検非違使庁で、鶴丸は少将の孝行を相棒にあやかしの事件に挑むことに! 女に戻れば死。陰陽師として競り負けても死。平安風陰陽伝記、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の /秋月忍

王女殿下はお怒りのようです3 暗躍せし影 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 3.暗躍せし影 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年10月刊。
面白かった!
転生した1000年後の世界で蠢き始める陰謀の気配。
そこにレティシエルの運命も絡み始めてきました。これは楽しくなってきた・・・!
前世の記憶を取り戻す前の「失われた記憶」も謎めいた形で蘇りつつあり、こちらはどういう展開になるのか想像もつきません。
続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
最強王女VS邪悪なる意志
フィリアレギス公爵家との縁を切り、自由を謳歌するレティシエルの元に、公爵家の長女・サリーニャが訪れる。
公爵家の忌み子である『ドロッセル』を嫌っていたサリーニャの思惑が読めず困惑するレティシエル。
その裏では、クリスタがレティシエルの学友・ジークへと近づいており……?
違和感を拭えないまま始まった学園の課外授業の真っ最中、人々を誘拐する謎の集団にジークとヒルメスが捕まってしまう。
友人を狙われ怒るレティシエルは集団を制圧するも、敵の未知の力は不穏な匂いを感じさせ……?
レティシエルを取り巻き暗躍する影と、蘇り始める『ドロッセル』の記憶。転生した王女殿下を待ち受ける新たな謎とは――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです3 暗躍せし影 /八ツ橋皓

勇者の君ともう一度ここから。 /みかみてれん


勇者の君ともう一度ここから。 (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
一度は諦め、逃げ出してしまった、最愛の少女との未来。
後悔の涙に濡れる日々は突然終わりを迎え、主人公はやり直しのチャンスを得ることになります。
これは勇者が世界を救った、「その後」のお話。
そして、救われなかった勇者を救うために立ち上がった男の物語です。
甘くてほろ苦くて美しい純愛ファンタジーでした。もうねぇ、こういうの大好き!

☆あらすじ☆
勇者セラフィルナは、己の命と引き換えに狂神を討ち倒し、世界を救った。
一方、かつて勇者と共に旅をしていた隻腕の青年ジャンは、片田舎にて後悔の日々を過ごしていた。剣神と呼ばれながら、彼は逃げ出したのだ。──たかが腕を切り落とされた程度で。
そんなジャンの下へ現れた王都からの使者が告げる。
「勇者はまだ生きている。世界と彼女を救いたければ私たちと共に来てほしい」
「……どうして俺なんだ?」
「キミに伝えたいことがあるようだった。もし会わないというのならば、聞くべきではない。恐らく、その言葉を永遠に背負うことになるだろうから」
亡くした腕の代わりに魔神器『ヴルムの真腕』を与えられ、救われなかった少女のために、ジャンは再び立ち上がる。
今度は逃げたりしない。最後まで彼女のそばにいるのだと。
狂神の呪いを浴び、心を失った少女の傍らに、腕を失った男が寄り添う。
未来は優しく、果てなく、幸せになれるのだと信じて。
──勇者の君ともう一度ここから。
今、最高の感動ファンタジーが幕を開ける!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者の君ともう一度ここから。 /みかみてれん

英国幻想蒸気譚2 ブラッドレッド・フォルクール /白雨蒼


英国幻想蒸気譚II -ブラッドレッド・フォルクール- (DENGEKI)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
19世紀末の英国を舞台に、機械じかけの怪物との戦いを描くスチームパンク第2弾。
前巻とあわせて上下巻のような構成なんですね。
登場人物それぞれの因縁の相手との決着。
随所に切ない場面もあったけれど、オーバーテクノロジーな機械だらけのアクションは縦横無尽な躍動感があり、とても面白かったです。

☆あらすじ☆
蒸気機関革命のロンドンで繰り広げられる正統派スチームパンクアクション!
シャーロック・ホームズの助力の元、トバリたちはヴィンセントの口より世界の裏側で暗躍する錬金術師たちの戦いを知ることとなる。
そして古から連綿と続く錬金術師たちの闘争に一石を投じるべく、彼らはパラケルスス、そしてセンゲとの再戦を決意する。 しかしロンドンの地下には、彼らの決意と覚悟をも容易く踏みにじる悪意が渦巻いていて——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻想蒸気譚2 ブラッドレッド・フォルクール /白雨蒼

雑草令嬢は逃走中! このたび、騎士団のまかない係を拝命しました /やしろ慧


雑草令嬢は逃走中!~このたび、騎士団のまかない係を拝命しました~【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
面白かった!
絶世の美貌をもつ極貧男爵令嬢。しかし突然の襲撃に遭遇した結果、彼女の姿は一変してしまいます。
事情を知った幼馴染に協力してもらい、彼の務める騎士団で働きながら潜伏生活を送ることになる主人公。
かなり厳しい環境を生きているにも関わらず、ポジティブに毎日を生きるエネルギッシュなヒロインでした。
美貌を武器にして大逆転を目指す気満々なのに、言動のはしばしから溢れ出る残念さがとても可愛い。
喧嘩するほど仲良しな幼馴染のラブコメもGOOD!
二人の掛け合いはテンポが良くて笑えるのに、恋愛未満の関係がとても焦れる感じ。
これは良い幼馴染ラブですね。楽しかったです!

☆あらすじ☆
王子に求婚された貧乏男爵令嬢オフィーリア。舞い上がっていたところを襲撃され逃げきったものの、気づけば女神のような美貌は平凡顔に変わっていて!?
襲撃者の目的がわからないまま、幼馴染の伯爵ウィリアムの所属する騎士団のまかない係として身分を隠して働くことにしたけれど……。この美貌で弟の学費は私が稼いでみせる!――はずだったのに、どうしてこんなことに!?
雑草のようなパワフル令嬢が織りなす、変身ラブファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 雑草令嬢は逃走中! このたび、騎士団のまかない係を拝命しました /やしろ慧

王女殿下はお怒りのようです2 精霊王の来訪 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 2.精霊王の来訪 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年4月刊。
1000年後に転生した最強王女がマイペースにわが道を突き進むファンタジー第2弾。
世界情勢が少しずつ明らかになり、国が抱える問題も見えてきた感じ。
レティシエルの新しい環境もゆっくりと整い始めているのを感じます。
まぁでも2巻は準備回という雰囲気で、大きな動きはそこまでなく(重要そうな新キャラは出てきましたが)
一方で様々な伏線が気になって仕方ありません。次巻も期待。

☆あらすじ☆
常識外れの最強魔術譚、第二幕!!
異形の怪物を退け、穏やかな日常へ舞い戻ったレティシエル。
しかし強大な魔術の力を求める国王に喚び出され、息をつく間もなく王城へ。自由を求めるレティシエルに、したたかな国王はとある条件を提示して……?
謁見を終え、学園に戻ったレティシエルは「魔法同好会」を立ち上げる。
同好会の仲間と期末試験を乗り越えてから数日、絶滅していたとされる双子の精霊王ディトとティーナがレティシエルの前に現れるが、二人はレティシエルに突然襲い掛かってきて!?
二人を無力化するべく、レティシエルはついに本領を発揮する──!
常識外れの王女殿下が我が道を往く最強魔術譚、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです2 精霊王の来訪 /八ツ橋皓

廃墟の片隅で春の詩を歌え 愚かなるドードー /仲村つばき


【電子オリジナル】廃墟の片隅で春の詩を歌え 愚かなるドードー (集英社コバルト文庫)【Kindle】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
面白かった!
とても読み応えのある良質なヒストリカル・ロマンでした。
革命により幽閉され、王政復古と共に再び公の場に引きずり出された悲劇の王女。
幼少期を孤独に過ごし、自我を押しつぶされ、愚鈍で無関心な存在に成り果てた少女。
安寧とは程遠い母国の現状を前に、「何もするな」と言われた彼女は何を思うのか。
姉たちの思惑に巻き込まれる末姫の波乱の運命を描いた物語です。
哀しくも美しく描かれる主人公の変化に注目してほしい。
まだまだ物語は始まったばかりです。
シリーズ化前提の様子。続きも楽しみです!

☆あらすじ☆
幽閉された亡国の王女・アデールにもたらされる、数奇な運命!
革命により王政が倒れた国、イルバス。国王夫妻と王子らは処刑され、生き残った三人の王女たちもそれぞれ幽閉されていた。末王女のアデールは、特に過酷な辺境の地・リルベクに立つ「廃墟の塔」に閉じ込められ、希望のない日々を送っている。だがある日、謎の青年エタンが廃墟の塔に姿を現した。他国に亡命した姉王女・ジルダの命を受けここに来た、というエタン。亡国の王女を待ちうける未来とは? 凍り付いたアデールの運命が、音を立て動き出す――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 廃墟の片隅で春の詩を歌え 愚かなるドードー /仲村つばき

イレーナ、永遠の地 /マリア・V・スナイダー


イレーナ、永遠の地 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年10月刊。
「毒見師イレーナ」から始まる、イレーナの過酷な運命を描いた物語もついに最終巻。全6巻で完結です。
愛する人と出会い、頼もしい仲間を得て、彼らとともに平和を勝ち取ろうと懸命に駆け抜けたイレーナ。

毒見をするか、今すぐ死ぬかーー

そんな選択肢を突きつけられた元死刑囚の少女が、生きてここに至るまでの軌跡を思い返し、なんだか感無量です。
とても素晴らしいファンタジーでした。ラブロマンスとしても最高だった。
最後まで刊行してくれたハーパーBOOKSさんに感謝。完結おめでとうございます。

☆あらすじ☆
世界累計100万部突破の壮絶ファンタジーシリーズ完結!運命はいつだって、この手で切り拓いてきた――
長年敵対してきた2つの国、イクシアとシティア。
両国はいま、支配欲に駆られた悪しき集団《結社》の手に落ちようとしており、最高司令官さえも操り人形と化していた。
いまだ魔力の戻らぬ中、イレーナは未来を、大切な人たちを守るため最後の闘いへと向かう――ヴァレクら残されたわずかな仲間と共に。
死刑宣告を受けながらも毒見師として生きながらえたイレーナの壮絶サバイバル、堂々のフィナーレ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む イレーナ、永遠の地 /マリア・V・スナイダー