朝比奈若葉と〇〇な彼氏 /間孝史



朝比奈若葉と○○な彼氏 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
面白かった〜!
意地悪なクラスメイトに告白を強要された内気な少女と、何も知らずに彼女の告白を受け入れた嫌われ者の少年。
初めは鬱々としていたヒロインが、彼氏となった少年の人柄に癒やされ徐々に明るくなっていく。
しかしその裏で次第に重みを増していくのは最初についた嘘のこと。
嘘から始まる恋の物語としてはそんなに目新しい部類ではないのだけど、「彼氏」との関係によって鮮やかに動き出すヒロインの感情から目が離せないお話でした。
明るくなり可愛くなり幸せそうで微笑ましいのに、・・・・・・なんだそのラストの状態。
続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
ちょっと内気な女子高生・朝比奈若葉はクラスメイトの悪ノリから、ある「罰ゲーム」への参加を強要される。それは、付き合いたくない男No.1にして学校一の嫌われ者・入間晴斗に「ウソの告白」をして付き合うこと。憂鬱な気持ちで始まった晴斗との交際――だけど“嫌われ者”の本当の性格や行動を間近で見るうちに、暗黒だった少女の学校生活は最高の青春へと変わっていく――
WEB掲示板発! 不器用な女の子と嫌われ者の男の子が紡ぐ最高で伝説のハッピーエンドラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

クラスメイトからイジメを受ける内気な女子高生朝比奈若葉
ある日、悪ノリした女子たちにとある『ゲーム』を持ちかけられる。
その内容は学校一の嫌われ者である入間晴人に告白し、彼と付き合ってカップルだと信じ込ませた後で全てヤラセだとバラしてやれというもの。
初めは嫌がるもワナに嵌められた若葉は、渋々ながら言われた通りに告白し、晴斗と付き合うことに――

 

が、その先に待っていたのは、晴斗との楽しくて優しい日々。
見た目の丸さやオタクっぽい振る舞いに最初はドン引きしていたのに、気遣いとコミュ力の鬼のような晴斗にどんどん惹かれていく若葉。
晴斗の存在は若葉を癒やし、次第に彼女の日々は鮮やかに色付いていくのです。

 

この若葉の変化がとても可愛くてキュンとしました。
明日が来ることを呪って家族だけが癒しだった暗い子だった若葉。
それが、彼氏との日々にときめいて、新しいことにチャレンジして、人との接し方も変わっていき、明日が来ることを待ち望み始める。
恋愛のプラス面がこれでもかと描かれているし、そんな風に明るく変わっていく若葉に晴斗もまた惹かれていくものだから相乗効果で甘さもアップ。最高に可愛いバカップルのできあがりです。
特に後半の若葉は「恋は盲目」を地でいく感じで、晴斗の「特殊な体型」すら「私は可愛いと思うけど!」とか言いきってしまう始末なんですよね。あそこは笑った。惚れ込みすぎでしょ!

 

ただ、まぁ、その状態が終盤では意味合いを変えてゾッとさせるのだけども。

 

若葉が幸せそうに笑うたびに、私の頭によぎるのはゲームのこと。
嘘から始まった関係は嘘を清算しないと次に進めないものだけど、彼らはどうやって乗り越えるのか期待8割不安2割だったんですよね、途中まで。
でも最後まで読んで不安の割合がグンと増えた。

 

恋に盲目すぎて自分が何をやったか覚えてないとかある???

 

あるんだろうなぁ。見たくない現実から全力で目を背けようとする防衛本能に見える。
晴斗に出会う前の暗い日々と、晴斗に出会ってからの明るい日々のコントラストがエグいですもんね。嘘で築いた関係が壊れたら若葉も一緒に壊れそう。
晴斗を侮辱されてキレた若葉をみたクラスメイトが自殺しそうなほど追い詰められていると誤解していたけれど、あながち勘違いでもないのでは。
可愛いバカップルなのに、若葉の依存心と欺瞞のせいでもはや呪いみたいです。

 

ラストの展開は来るべくして来た展開ですが、さぁこれをどう乗り越えるのでしょうか。
次回予告があっさりオチをバラしている気もするけれど、こういうのは過程の描写が命ですからね!楽しみにしたいと思います。
でも晴斗本人よりも親友二人のほうがよっぽど高い壁だよなー。

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。