プロペラオペラ /犬村小六


プロペラオペラ (ガガガ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
面白かった!
飛空士シリーズの犬村小六先生による、新たな恋と空戦の物語。
空に浮かぶ巨大艦隊同士が激突する迫力の空戦と、国を背負う幼馴染2人のツンデレな恋模様を楽しめる新作です。
太平洋戦争時の日本がモデルになっているところは『とある飛空士への夜想曲』を思い出すのだけど、あちらよりも物語に閉塞感は(現時点で)(そこまで)ないし、キャラが若々しく、コメディ色強め。
大言壮語を吐きつつ比類なき才能を発揮する主人公の活躍も痛快で、最後まで高揚感をもって楽しむことができました。
とはいえ、人がたくさん死ぬ「戦争」の物語ではあるし、先行きは暗いんですけどね・・・・・・
犬村作品には毎度心を○されるので続きを読むのが怖いけれど、それ以上に楽しみで仕方ありません。2巻も期待!

☆あらすじ☆
美少女艦長+天才参謀、天空の艦隊決戦へ!
極東の島国・日之雄。その皇家第一王女イザヤ18歳。
彼女はしかし同時に、重雷装飛行駆逐艦「井吹」の艦長である。イザヤのためなら命を投げ出す乗組員達は、全員彼女の大ファン!
そんな「井吹」に、突然イザヤの部下として乗り込んできたのは、主人公クロト。皇族傍系黒之家の息子であったクロトはイザヤとは幼なじみであったが、ある日、イザヤに対し最っ低の事件を起こして皇籍剥奪となり、家族もろとも敵国ガメリア合衆国へと逃亡したのであった。そのクロトが(どのつら下げて)なぜ今ここに!?
クロトは言い切る、「俺はガメリアを牛耳る怪物から日之雄を守るために帰ってきた」!おりしも我が国日之雄は、カネと武力で日之雄を我が物とせんとするガメリアと開戦に踏み切った。イザヤとクロトは「井吹」を駆り、超大国ガメリアの世界最強飛行艦隊に対し決戦を挑む!!
自信満々、超傲慢、頭が切れるのに加えてバカがつく努力家クロトの大驀進人生の絢爛舞台、ファン待望の犬村小六真骨頂「空戦ファンタジー戦記」が堂々開幕!!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む プロペラオペラ /犬村小六