男爵令嬢は婚活よりもふもふをご所望です /山本風碧



男爵令嬢は婚活よりもふもふをご所望です【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
婚活のため王都に出てきた動物好きの男爵令嬢と、あるトラブルによって女嫌いとなった青年。
二人の出会いから始まる恋と、王都を騒がす事件を描いていくファンタジーです。
ヒロインがもふもふに癒やされる一方で、ヒーローは羞恥心と本能の板挟みにあって瀕死。
警戒心が強いヒーローの陥落っぷりが楽しいラブコメでした。
恋愛要素だけでなくサスペンスも楽しめたし、分量控えめながら満足できる内容でした。
少し後味に苦みがあるものの、面白かったです。

ところで夢中文庫ってTLの電子書籍レーベルだと思っていたのだけど、非TLの女性向けラノベも出しているんですね。知らなかった。

☆あらすじ☆
王都では、人の言葉を話すことができる『有言種』というペットが、貴族の間で人気を集めている。有言種は魔術によって生みだされるが、多大な量のマナと特殊な教育が必要なため、希少価値がかなり高い。――そんなトレンドを知らない田舎の男爵令嬢アメリは、婚約者探しのため王都にやってきた。動物が大好きな彼女は田舎では両親に隠れて獣医の見習いをしていたが、王都には気軽に触れ合える動物がいない。毎日の婚活に疲れ、もふもふ不足に耐え切れなくなったアメリは、下町の古ぼけた動物病院にたどり着く。そこで獣医の手伝いを始めたアメリは、怪我をした有言種の猫を保護することになるが、『彼』はなんだか訳ありのようで……?

以下、ネタバレありの感想です。

 

花婿探しの夜会に出席するため、田舎から王都に出てきた男爵令嬢・アメリ
しかし自然の中で動物と生きていくことが好きな彼女は、品定めの目が飛び交う貴族階級の婚活に乗り気になれず、疲れていた。
一方、ある失踪事件を調べていた青年・シリルは、謎の男たちに襲撃され、気づけば「猫」の姿でアメリに保護されていた。
シリルを王都で流行りの「有言種」だと思い込んだアメリと、何らかの大事な記憶が欠けてしまっているシリル。
不思議な形で一緒に暮らすことになったアメリを知るうちに、シリルは少しずつ彼女に惹かれていくが―― というストーリー。

 

このアメリと猫シリルのラブコメがすごく楽しい作品でした。
特に無防備なアメリに対するシリルのパニック気味な恋心がとても面白くて(笑)

最初は女嫌いを発動し、それこそ警戒心の強い猫のようだったシリル。
それがアメリの飾らない人柄を知るうちに少しずつ警戒心が緩み、逆に意識してしまい、そうすると「猫」である自分がなんだかもどかしくなってくる。
でも相手は淑女だから事情を理解している自分だけは距離を保とう!と意気込むのに、猫の本能(!?)で気づけばアメリに擦り寄って寝ている始末。
おれは何をしてるんだー!ってゴロゴロするシリルが可愛いんです。
だって猫だから。想像するだけで可愛くてニコニコしてしまう。

 

そんな感じで無自覚にシリルの理性を試すアメリもまた良いヒロイン。
猫のシリルとの恋をどう描くのか(猫に恋するか?)とドキドキしていたのだけど、そこは「動物との共存と人間のエゴ」というアメリの苦悩を通して上手く描いていた印象。
ページ数は結構短いのに、このテーマが柱になっているから読み応えを感じるのでしょう。
それ自体は簡単に答えの出る問題ではないけれど、悩みつつも理想を捨てないアメリと、それを支えるシリルという二人の関係を綺麗に形づくってくれたのが良かった。

 

また、意外なところでゾクッとしたのは「有言種」の話。
有言種の正体だけでもエグい設定なのに、更に「戻れるかどうかは本人次第」というのがまた・・・・・・
不幸な孤児でいるより裕福な家のペットでいたほうが幸せなのか?
絶対そんなことはないだろと思うけれど人のままでいても人の尊厳が守られるとは限らない。
じゃあ「幸せ」ってなんだよという話になり、アメリは自分の答えを出したわけだけど・・・・・・チャーリーはそれでいいの!?!?

 

正直、チャーリーの件だけが消化不良です。
だって主人はニナでしょ?その先に待つのは不幸でしょ?
人間だった記憶を奪われた孤児は人間に戻りたいと思うきっかけすら得られず、飽きて世話を放棄するような場所に戻ることを心から喜ぶ。
それはあまりにも残酷すぎて「それもチャーリーの選択だから」で納得できないんだよ・・・・・・
せめて彼らを引き取ることになった「飼い主」たちが真実を知ってどんな心境にいるのかを描いてくれたら良かったのだけど。
悪女のニナだもんなぁ・・・・・・

 

この後味の悪さをどう見るか微妙なところですが、恋愛も事件も楽しめたので総合的に見て私は満足できました。
山本風碧さんの次回作も楽しみです。

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。