妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル /渡瀬草一廊


妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
面白かった!
大正×妖怪×○○という伝奇ロマンな新シリーズ。
下宿先の不思議な稼業に関わることになった少年が、妖怪たちのトラブルに巻き込まれていくお話です。
思い込みの激しい蛇のお姫様や細マッチョな女鬼など、登場する妖怪がとにかく個性的で生き生きとしている。
そんな彼らが住む世界は妖しい魅力に満ちていて心がときめきました。
また、主人公の存在感が妖怪に負けないくらい鮮烈。
この少年、本当に何なんだ・・・?と妖怪も動揺するレベルの活躍っぷりが痛快でした。

☆あらすじ☆
妖の姫君と体術無双の少年が織り成す、大正伝奇ロマン!
大正十三年、春。少年、椚雪緒は、上京した先の夜鳴川邸にて美しき白蛇に出会う。
彼女は父である八頭八尾の大蛇、「十六夜」の決めた縁談から逃れるため、妖相手に商売をする「化猫堂」へ助力を求めに来たと云う。
化猫堂の店主、夜鳴川夜霧と猫のミタマ様に連れられて、雪緒は妖達の住まう「常夜之町」へ乗り込むが、そこは人の世の常識が通じぬ異境だった——!
関東大震災後の横浜を舞台に、人と妖の縁を紡ぐ大正伝奇ロマン。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル /渡瀬草一廊